2013年10月27日日曜日

沖縄 渡嘉敷旅行記 #08 気遣いが温かい沖縄居酒屋びいどろ編



1、国際通りから離れた場所に
2、店内はこじんまりと



何度も那覇にやってきていますが。
いまだに行ったことのない居酒屋はいっぱいあります。
今回も、初めてのお店です。
浜の真砂は尽きるとも・・・。


今回も、泊まったホテルは国際通り。


国際通りの中心部なので、食事どころには困りません。

そんな恵まれた環境で選んだのは、居酒屋さん。
ネットでの評判が、かなりよい。

国際通りから少し外れたところ。
泊まったホテルの裏手にこの居酒屋さんはあります。

道に看板

静かな場所を歩くと、角の建物。
二階に看板が見えます。

階段の入り口

階段を上がって入り口へ。

入口にメニュー

その階段を上がる途中にも、看板があります。

もうちょっと
ですって。
がんばって登りましょう。


ドアを開けて、中に入ります。
履物は脱ぐのね。

ドアのところ

人気店です。
なので、予約してありますからね。

電話予約の時。
カウンターしか空いてないって言われましたが。
テーブル席を準備してもらえてました。
ありがたい。

テーブルには、ウェルカムメッセージ。
細かいねぇ。

これはうれしい

テーブル席は一つですが、掘りごたつ席が3つほど。
カウンターには5,6人ぐらい座れそう。

席はそれだけのようです。


まずはオリオンね。
これは決まり。


お通しには、自家製じーまみー豆腐

自家製じーまみどーふ
あ、これおいしい。

ジーマミーを食べるみみさん

器に張り付いてるね。


そしてお料理。

本日の料理
沖縄の居酒屋ですが、沖縄料理ばかりではありません。
沖縄創作料理といったところでしょうかねぇ。


あたしは郷土料理がいくつか食べられればいいんです。

お刺し身は食べます。
この日は、本マグロの中落ちマグロ醤油ですって。
マグロ醤油?

マグロの魚醤に醤油をあわせたものらしい。

中落ちは、中落ちらしいフォルムでやってきました。

マグロの中落ち
味がね、濃厚。
魚屋さんの味がお口いっぱいに広がりました。

魚屋さん、食べたこと無いけど。


フーチャンプルー。
これは必ず注文します。

ふーちゃんぷる

どこのお店で食べてもおいしいもん。

フーチャンプルーを食べるみみさん

ここでもまったく問題なくおいしかった。
豚肉かなぁ。
いい味です。

沖縄料理で外せない一品。


あぐー豚の豚トロ塩焼き。

お昼ご飯がね
脱力系の、島やさいの、ヘルシーの、優しい味でしたでしょ。

反動でね。

あぐー豚

動物たんぱくが欲しい~。
味の濃いのをがっつり欲しい~。

となりまして。

あぐー豚を食べるみみさん

豚肉塩味いただきました。

これが、今のあたしたちにぴったりの味でね。
美味しいわ、欲してるのが達成されるわで最高でした。


セーイカのコク旨自家製ラー油たれユッケ。
一押しの人気メニューですとか。

肉厚のイカの身。
それを一口サイズにカットして。
ユッケ風の味付けしたの。

玉子付き

これはう~まい。

イカの味。
タレのちょっと甘辛の味。

そして、イカが柔らかいねぇ。

美味しくてうれしいみみさん

これ、お勧め。


そうめんタシャー。
いわゆる、そーめんチャンプルー

そうめんも好きです

あたしは常々「そーめんチャンプルー」は「チャンプルー」の定義から外れているのではないか。
疑問に思ってたんですけどね。
タシャーが正しいということは、この店で知りました。

どっちでもいいけどね。

そうめんがうれしいみみさん

具はツナ。
基本ですね。

みた目よりも濃い味がうれしい。

美味しい居酒屋さんのストックが、また一軒増えました。



みみさん沖縄 渡嘉敷島に行く旅行記:目次



沖縄 渡嘉敷旅行記 #07 断崖絶壁の残波岬を歩く編に戻る
沖縄 渡嘉敷旅行記 #09 JALシティ那覇で沖縄食材の二次会編に続く

0 件のコメント :

コメントを投稿