2014年4月1日火曜日

熟年夫婦が結婚式 #4 連行された衣装合わせとリハーサル


夫の衣装なんかやっすいのでいいの



1、ドレスを選ぶ
2、タキシードを選ぶ
3、リハーサル



結婚式なんてのはね。
新婦のものなんですよ。

新婦

ですからね。

衣装合わせったって。
豊富に選ぶことができるのは、ドレスだけ。

こんなにいっぱいあるわけよ。

これでも一部

それに引き替え。
男もんったら。
すーくない少ない。

うちは普通のマンションですけど。
そのサイズとそうたいして変わらないクローゼット。

しかも、中にはサイズ違いが並んでるからな。
さらに種類は少ない。

ドレス。

試着してみますわな。
そのために来たんだ。

試着

いくつか着てみてね。
どっちがいい?
って聞かれてもね。

あたしは、そんなに区別がつかんのです。

どっちも白くて豪華でね。
きれいではあるわけですよ。

豊富な中らら選べます

おっ、これいいな。
って思うやつがあったりするけど。

着せてもらう

追加料金○万円ですとか。


ドレスの試着時間。
なーがいですからね。

暇を持て余す付添人

その間に、あたしはもう決めちゃってます。

「それでは、新郎様はどちらにしましょうか?」
「これっ!」

即決。

光沢のある薄いブラウン。
一目でこれって思ったね。

着させてもらいます。

普段着で行ってますので。
白いシャツとか着てません。

なので、前掛けみたいに。
前部だけのシャツみたいなのを着せられて。

カレーうどん屋の様だ

タキシードを着れば。
見てくれだけはバッチリ。

似合う

おおっ!
いいねぇ。

靴も借ります
「じゃぁこれで」
「そちらはイタリア製で
○万円の追加になります」
「早く言えよ~
量販店でスーツが3着も買えるわ~」

ということで。
セット料金内で収まるのにしました。

これも捨てたもんじゃない

これはこれでステキよ。

結婚式のようだ

関係ないけど。

マリオットの衣装室。
入口から中に入った瞬間。
揚げ物のにおいがします。


あんなに嫌がっていたのに。

連れていかれました・・・。

まぁね。
リハーサルといってもね。

実際にバージンロードを歩いたりとかね。
指輪の交換の練習とかね。
牧師さんがね。

「異議なき時は沈黙をもって答えよ」
とか言ったりするのじゃなくてね。

4組ぐらいがチャペルの参列席に座って、説明を聞くだけ。

チャペル

一組だけみんなの見本でになって。
入場から一通りやさらせてたけど。
それはみみさんとこじゃないのよ。

ちなみに牧師さん。
しゅっとした白人。

本物かどうかは知らん。

そしてこの日。
ここの大きな会場では、ビーチバレーで有名な女の人。
披露宴してました。

みみさん、その披露宴には呼ばれてませんけど。
廊下で参列者との写真を撮ってるところ。
じろじろ見させていただきました。






☆ 熟年夫婦が結婚式 #4 連行された衣装合わせとリハーサルに戻る
☆ 熟年夫婦が結婚式 #5 超短時間で余興DVDを作るに続く


0 件のコメント :

コメントを投稿