2014年6月25日水曜日

#06 世界遺産 旧御室御所 仁和寺:京都 洛西の旅




1、仁和寺へ
3、金堂へ
2、御殿






続いては仁和寺。
世界遺産。

登録

広隆寺から北へ。
2,5キロぐらい。

途中に太秦映画村が左手にあります。
ちょっと遊んで行きたいなぁ、と思いつつ。
さらに北上します。

京都神社巡りの時。
ルートはフラットでしたが。
この仁和寺へ向かう道は、途中にけっこうな上り坂がありました。
ちょっとつらい。

けどまぁね。
そんなに長い距離の移動でないですから。

仁王門

自転車は正面の、仁王門前に停められました。


仁王門を入ると広い境内。

広い境内

立て札、注意書きをチェック。

仁王様

三脚オッケー。
ムービーオッケーです。

仁王門の内側

そのまま正面に向かって。
奥の金堂へ行くのには、拝観料不要です。

でも仁和寺の見どころ。
御殿には、拝観料が必要です。
そりゃぁ、行きますわな。

御殿への門

御殿の中は、三脚禁止です。

ここから入る

室内だからな。
屋外よりも、他の人の迷惑になるしね。
床が、傷ついたりするのもよくないからね。

この御殿。
庭園が素晴らしい。

南庭

まず最初に、南庭。
白い砂に、松や杉の木の緑が鮮やかです。
いわゆる枯山水と言うヤツでしょうか。

白い砂

こういった日本庭園は、座ってみるようにデザインされています。
高校の時に、社会科の先生に教えてもらいました。

座って見ましたが、立って見るのとそんなに変わらない気がする。
立って歩いてこの庭園が見える場所にやってきましたから。
むしろ、初見の立ってた景色の方が感動したと言えるが。

渡り廊下

クランクになった渡り廊下を先へ進むと。

宸殿

こんどは北庭。

北庭

池があって、木々が生い茂る。
日本庭園。

あ~。
こりゃいいわね。

遠くに見える五重塔

五重塔が背後に見えるっていうのもまた趣深い。

こんな景色を見ながら、動画編集したりブログかいたりしたらどうかな?
はかどるかな?
いい感じに仕上がるかな?

霊明殿から宸殿を見る

なんでこんな俗なことやってるんだと、ヘンな悟りを開くかなぁ?

御朱印は、この御殿入り口でいただけます。

ご朱印をいただきました

5種類ぐらいあって、どれにするか訊かれます。
メインのはどれですかって聞いたら。
これです、って教えてもらったのは。
菊の御紋のでした。


仁和寺はとても広い。

中門から見える仁王門

さらに奥の方にも境内は広がっています。

五重塔

北庭から見えた五重塔や、金堂があります。

金堂の手前から

せっかく来た世界遺産ですから。
見たいですよね。

金堂

しかし、めーちゃめちゃ喉が渇いてたんです。
仁和寺に到着した時。
すでになんか飲みたいなぁと思いましたが。

飲み物の自動販売機は、道を挟んだ反対側にしかなく。
まぁ、参拝してから買えばいいや、って飲んでなかったんです。

今からいったん外に出て飲んでから。
また入って奥へ行くのも面倒だ。

なので、もうちょっと我慢して行くことにしました。

もうかなり水分が不足しててね。
つらかったんですが。
途中で自販機発見っ!
休憩所があります。

わ~。

まさか境内に飲食できるところがあるとは思わなかったもんですから。
ありがたい~。

金堂の屋根

これもひとえにあたしの信心深さがなせることでしょう。

そして、脱水症状で倒れることなく。
金堂の参拝ができたのでした。

仁和寺御室会館
じゃらんnet提供

☆ ←#05 弥勒菩薩には救われる広隆寺に戻る
☆ #07 仁和寺前おむろ松風のニシン蕎麦は京の味に続く→

みみさん、京都洛西 リフレッシュの旅に行く旅行記:目次






じゃらん

日付未定    泊    部屋 /大人

0 件のコメント :

コメントを投稿