2014年7月4日金曜日

#15 旅をまとめたら疑問に思ったこと その1:京都 洛西の旅


1、ふりかえって
2、神社巡りと比較して
3、拝観料
4、撮影




今回の京都旅。
主に洛西の寺院系を回ってきました。

京都でもっとも有名なスポットの一つ。
鹿苑寺、金閣寺。

残念ながら、断念しましたけど。
嵐山の散策も、断念しましたけど。

じゅうぶん楽しい旅でした。

わらび餅

おいしいものもいっぱい食べられましたしね。

テグタンクッパ

テグタンクッパは京都じゃないけど。


今回の洛西も。前回の神社も。
どちらも同じ京都ですが。

まったく違う旅となりました。
印象も全然違う。

距離は今回15キロ。
神社は25キロ。

どちらもそんなに移動距離としては長くないですが。
疲れ具合がちょっと違う。

夏場と冬という違いがありますので。
単純に比較はできませんが。

ずっとフラットだった神社よりも、アップダウンの有った今回はかなり疲れましたね。
距離は短いんだけど。

だいたい坂道が嫌いだしな。


神社は、七社のうち、一つとして拝観料が必要な所はありませんでした。
今回も。
車折神社だけ拝観料なし

車折神社

何だろうねぇ。
この違いは。

お寺の場合。
仏像があるからね。
その保存のための費用が要るのかしらん?

広隆寺なんてね。
霊宝殿。

弥勒菩薩のところ

博物館並みよ。

空調をしっかり管理してて。
国宝の仏像の保存に努めてましたから。
きっと費用がかかることでしょう。

神社の場合。
像とかそういうのってあんまりないですよね。

狛犬とかお狐とか。
あるにはあるけど。

伏見稲荷のキツネ

野ざらしだ。

それ以外に、建物や境内のメンテナンスは神社も寺も同じようなもんだと思うがねぇ。


三脚の使用不可が半分。
他の参拝客の邪魔になったり、危険だったりするから。
わからんでもないが。


神社の時の感覚で。
フィックス撮影しようと思ってたんです。

だったらME-1ステレオマイクロホンを買ったことですし。


D610を使おうと。
なのに三脚禁止だと。
手持ちでD610はきついがね。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610


念のため持ってきてたHDR-PJ790V。
有ってよかった。

ソニー ビデオカメラ HDR-PJ790V


それにしても。
なぜ神社は全て三脚OKなんだろうねぇ。
逆にそっちが不思議だ。


まぁ、いろいろ規制するのもアレだし。
お互い譲り合って、トラブルの無いように当事者同士でうまいことやってくれれば。
かたいこといわないよ。

そんな感じかしらん?

そして、ビデオ撮影の禁止。
広隆寺な。

山門前

これは全国の、コンサート会場とか重要機密部署を除いた、神社仏閣その他観光地で
初めての経験だわ。

スチールはよいけど、ビデオは禁止。
静止画を並べてスライドショーにするのはいいのか?
静止画を連写して、タイムラインに並べて補間かけるのはいいのか?

撮影がいけないのであって、動画を作ることは禁止してないからね。
それはいいんだろうなぁ。

そもそも境内は参拝するところ。
修行の場所です。
観光地ではないのです。
撮影する必要がどこにありましょうか?

静止画を一部許可しているのは仏のご慈悲です。

といわれたら、ぐうの音も出ませんが。

ぐう~。

☆ ←#14 しゃ楽のテグタンクッパが極うまだったのだがに戻る
☆ #16 旅をまとめたら疑問に思ったこと その2に続く→

みみさん、京都洛西 リフレッシュの旅に行く旅行記:目次






じゃらん

日付未定    泊    部屋 /大人

0 件のコメント :

コメントを投稿