2014年8月3日日曜日

大井港かごや丸で大山沖スルメイカ釣り #4 釣ったら食べる編




1、シンカーのこと
2、釣ったイカをいただく
3、おすそわけ



高速で沈められるらしいので買ったシンカー。

フジワラ ワンダー

まっすぐ下に落ちているときは、落下速度が速いように感じます。

でも、船の行き足や潮の具合とかでラインが斜めになると。
やや沈む速度が遅くなります。

船で買うおもりが150号なんで、あたしも150号を使ったんです。

よその人は300とか使ってる人がいました。
それはさすがに落ちるのが早かったですね。

あたしより後に投入しても。
あたしより先にしゃくり始めてましたから。

ワンセットで爆釣

仕掛けをロストしたら、200号を試してみようかと思ってはいましたが。
最後まで、ロストすることなく。
一個で楽しめました。

フジワラ ワンダーI



なので、200号やイシグロオリジナルを試すことはできなかった。

スピードダイブシンカー

まぁでもね。
ロストしなかったことが一番うれしいわね。


おうちに帰ったら。
さっそく今日釣ったイカをいただきました。

沖干し。

焼いた沖干し

まずはやっぱりこれだよね。

なるべくでかいやつを選んで。
オーブンで焼きます。

これうまいよね~。
買ってくるイカの干したのとは、ぜ~んぜん違うよね。

身がシャキシャキします。

冷凍しておいても味が落ちないので。
食べきれなかった分は、一枚ずつラップに包んで。
冷凍庫行き。

さしみ。

半透明な白さがいい

新鮮なイカだから。
刺身にもしたい。

開いて。
皮をむいて。

イカそうめんみたいに細くカットします。

蛍光灯の光にすかしてみて。
アニサキスには十分気を付けて。

細くカットするのも、アニーちゃん対策です。

釣りたて新鮮なイカ。
噛んでると甘いよねぇ。

ニンニクバターしょうゆ炒め。

イカワタのコク

刺身にしたのと。
塩辛にしたのの残り。

えんぺらとゲソ

これらは、ニンニクとバターでいためます。

味は、しょうゆ。
それに、ワタを混ぜて。

簡単だよね。
それなのに、う~まいよねぇ。
イカワタを加熱すると、カニみそのような風味になるもんね。

それは言い過ぎか?

塩辛。


やっぱり作ってみました。

この動画を参考にしました。


そして、このブログも作り方がわかりやすく載ってたので。
参考にしました。

あっ、これはっ。
あたしのブログYoutubeチャンネルだがね。

偶然だわねぇ

たくさん釣れたもんで

何杯かのイカのワタを混ぜて作ったんですけど。
これって、拒絶反応みたいなことは起こらんのかしらん?

肝移植で型が合わないと拒絶反応がおこるよね。
それと同じことが起こってもよい気がする。

反応で、おいしくなったり。
おいしくなくなったり。
しないのかね?





さすがに40杯ものイカを、うちだけでは消費しきれんし。
冷凍庫にも入りきらんので。

知り合いとか家族におすそ分けしました。

それでも、まだまだたっぷりあったんです。

大漁だったもんで

そしたら、その日の夕方家に帰る時。
隣のおうちの人が庭でバーベキューをやってまして。

よかったら、食べる?
ってあげたら。
喜んでもらってくれました。

隣といっても、付き合いはなく。
住人の顔もわかんないくらいなんですけどね。

とまぁ。
これが今年のスルメイカ釣りでした。

☆ #3 爆釣編に戻る







0 件のコメント :

コメントを投稿