2014年11月4日火曜日

#10 稲福のウズラが伏見稲荷の昼食:京都神社お礼参り



1、伏見稲荷参道で昼食
2、焼き鳥に悩む
3、うずらとにしんそば



もうすっかり夕方という時間ですが。
まだお昼ご飯を食べていません。

帰りの高速道路、サービスエリアで食べてもいいんだけど。

せっかくなんで京都で食べたいよね。

前は参拝を終えてから、錦市場で食べたけど。


これからまた、市内へ移動するのはたいへんだ。

じゃぁ、他に。
と言っても、だいたいどこの何がいいか、調べてきてない。

そういうわけで。
この伏見稲荷の参道で。
食べることにしましょう。

お稲荷さんの参道だ。
稲荷寿司があるでしょう。


伏見稲荷の参道。

駅から伏見稲荷へ向かう参道

お土産屋さんや、飲食店が建ち並んでいます。

お~。
これこれ。
こういう雰囲気がいいのよね。

食堂の、サンプルメニューを眺めますと。

稲荷寿司が魅力

お稲荷さん。
ありますねぇ。

そして、京都と言えば。
にしんそば。
ありますねぇ。


ちょっとお高くなるけど。

にしんそばお稲荷さん。
どうよ?

いいねぇ。

決まりかけたら。

店先に、焼き鳥。

焼き鳥

串モンじゃないよ。

小鳥が開かれて。
たれをつけられて、焼かれている~。

「づ」がいいね

張り紙を見ると、ウズラだったりスズメだったり。

なぜだ~?

この店だけというわけではなく。

他の食堂をでも。
何軒ものお店の店先。

鳥が焼かれています。

なぜだ~?

なぜかは知らんが。
名物的なもんなんだろうな。

食べたいがね。
でもね。
けっこういいお値段。

しかし、これだけ食べてもね。
ちょっと少ないよね。

どうするかなぁ?

食べたんですけどね。


入ったお店は、稲福さん。

こんな感じの店内

予算的な問題で。

お稲荷さんか蕎麦か。
どちらかをあきらめねばね。

悩んだ末、にしんそばを食べることにしました。

そして、鳥は。

ウズラ。
だってスズメよりも肉付きがよさそうだもん。

店内のメニューを見ますと。
うずら。
何種類かありますね。

ウズラだけのメニュー

国産ヨーロッパ。
意味わからん。
どっちやねん?

お店のお姉さんと相談して。
その、ヨーロッパをいただきました。

麺類

そしてニシン蕎麦もね。

表で焼かれたウズラ。
やってきました。

タレと山椒

「頭も骨も全部食べられますから」

なるほどね。
小鳥ですから。
骨も細いんでしょう。

あたしは鮎を骨ごと食べますから。


多少の骨ぐらい平気でしょう。

串から一口。

ウズラをかじるみみさん

バリっと。

ムムムっ。
これはっ!

骨ばかりだ~。

身、付いてる?

味付けは、ウナギのタレのような。
おいしいタレなんだけど。

ほとんど骨を食べている感じだね。
スッパイマンよりも、身が付いてないかもしれん。


スッパイマン甘梅一番


これはお酒のおつまみだねぇ。
ちょっとずつかじりながら。
日本のヤツを飲む。
それに合いそう。

肉がありそうなんだけどなぁ

でも、車だからな。

やがてニシン蕎麦もやってきました。

ニシン蕎麦

大きいニシンの甘露煮。
乗っかった蕎麦。

大きなニシン

京都だねぇ。

空腹にしみるね

そばを食べて。
ウズラを食べて。

柔らかいニシン

カルシウムをいっぱい摂取できました。

みみさん、京都の神社へお礼参りに行く:目次

☆ ←#09 伏見稲荷参拝に戻る
☆ #11 お土産など買ったものに続く→








0 件のコメント :

コメントを投稿