2014年11月25日火曜日

ルノーキャプチャー ファーストインプレッション




1、納車の日
2、レビュー



納車の日は、ランチアイプシロンのラストランの日でもあります。

車屋さんと約束した時間よりも早く出て。
ランチアとお別れの撮影。

よく頑張ってくれたねぇ。

そして、車屋さんへ。

駐車場の目立つ場所に。

おお~。

新しいうちの子だ~。

アイボリーにしました

試乗したのがオレンジだったけど。
うちの子はちょっと落ち着いた感じ。

せっかくなんで。
イプシロンキャプチャーを並べます。

大きいねぇ

けっこうでかいねぇ。
キャプチャー。


いろいろと、書類手続きをしてから。
車の説明してもらいました。

ガソリン口

外観は、決める前からじっくり見てましたから。
まぁこんなもん。

ボディにはコーティングをしてもらいましたから。
触ってみるとすべすべ。

コーティング用のお手入れセット

ホイールはルノーのマークが入った純正。

ホイール

大きなお尻がステキ。

大きい

トランクルームは十分な広さ。
天井が高いのもうれしい。

でもまぁ、自転車を乗せるなら、後部シートを倒さなきゃいかんけど。
自転車のってないけど。

トランクルームの床面は、二重になってます。
一番下は誘拐した子供を入れておくのに最適。

床板が外れます

運転席は、視点が高くて気持いいね。

右側のミラーは見やすいけど。
左側はちょっと慣れが必要かと。

助手席のでかいヘッドレストが、後方確認の時にちょっと視界を妨げます。

キーがちょっと変わってます。
カード?

ドアのロック/アンロックのボタンも付いています。

カードキー

これを前の中央のスリットに差し込んで。
ボタンを押してスタート。

電池がなくなってもドアを開けることができます。

カードには物理キーが内蔵されていますから。

助手席側にだけ、キー穴があって。
外から、このキーで開けることができます。

物理キー内蔵

エンジンスタートには電池が不要だそうです。

なぜ助手席だけ?
乗り込みにくいが~。

考えてみたら。
ベースが左ハンドル車だからなんですねぇ。

だもんですから。
ボンネットを開けるレバーも、左側についています。

後部にはカメラが付いていますから。
対応するカーナビだと、バックモニターになります。

センサーも付いているので。
ピーピーなりますけどね。

シフトレバーの上のスリットにカードイン

うれしいのが、オートスピードコントロール。

ずっと昔。
あたしがU11のブルーバードを買ったときつけてもらった。
けっこう便利だった。

それが標準でついてる。

スピードリミッターも付いていますが。
使わないね。

前の車について行って、自動で速度調節するのはないけどね。

他には、オートライト、オートワイパー。
動き出すと自動でドアをロックするヤツ。

昔の国産車にもついてた機能だけど。
最近は付いてないのかな。

この自動ロック。
設定しないこともできます。

なんでも、フランスとかヨーロッパでは。
信号などで停止してると、外から強盗が乗り込んでくるからなんですって。

ホントか?

だから、女性の方なんかはドアロックすることが防犯なんですけど。
忘れるとイカンので、走り出したら自動でロックしてほしい。
そんな人向けの機能。

ハンドルを切る角度によって。
切った側のフォグランプが点く。
コーナーリングランプ的機能もあったりします。

グリル

あってうれしい機能や。
いつ使うの?っていう機能がありますが。

新しい車ってのは、ワクワクしますねぇ。

LANCIA Y ランチア イプシロン ラストラン 後編
ルノーキャプチャー ファーストラン








0 件のコメント :

コメントを投稿