2014年7月31日木曜日

大井港かごや丸で大山沖スルメイカ釣り #1 準備編




1、年に一度のスルメイカ釣り
2、タックル
3、大井港に集合



ほんとは7月12日に行く予定だったんですけどね。
だけど台風がね。

通過して、良い天気にはなったんですけど。
海上はまだうねりが入ってきているらしく。

かごや丸さんからは、中止の連絡が入りました。

まぁ仕方ないわね。
コンディションの悪い中強行して、釣れないとイヤだもんね。
酔って釣りにならないとかだとイヤだもんね。

イカ釣りは高いんだ。

そういうことで、7月の最終土曜日に延期。

それが今年のスルメイカ釣りとなったわけです。


使用するタックルは、去年と同じ。

ロッドは、シマノシーマイティヤリイカ180。

リールは、シマノ(SHIMANO) 電動丸プレイズ 3000。




ロッドキーパーは、第一精工 ハイラーク 16。




その他の小物は、第一精工 ツノマット 300。



それとは別に、今回はシンカーにこだわってみました。

フジワラ(FUJIWARA) ワンダーI 150号。

速そうな形

早く沈むんですとか。
150号と200号。




あと、イシグロオリジナルのスピードダイブシンカー。
これも早く沈むらしい。

スピードダイブ

がサバを寄せ付けないらしい。

これを使ってみます。

仕掛けもいくつか買っておきます。
ヤマシタのやつね。
二種類。

二種類買った

大山沖だって。
渥美半島の沖は、有名人気イカ釣りポイントってことだ。


たくさん角がついてても、どうせ絡ませちゃうだけで。
釣果にはそんなに影響しないよね。

そういうわけで5本のやつ。

そして、イシグロのイカ釣りコーナーで見かけた、フジワラ(FUJIWARA) イカ活チャ器。

締める用に

つい買っちゃった。




沖干しをするから竹串。

イカをクーラーボックスの中に入れておく時。
氷の溶けた真水に直接触れないように。
ジップロック。

基本的にヘタだし。
年に一回しか行かないから、上達しないから。

仕掛けにこだわっても、たいして釣果には影響しないと。
長年の釣り人生で心得てますから。


当日は4時45分までに集合。

機材セッティングとかの余裕を見て到着したいですからね。

だから2時ごろには起床して。
すぐに出発。

ほとんど寝れんが~。

あたしんちからだと。
名二環に乗って、知多半島道路っていうのが一番早いけど。

余裕があるので、名二環には乗らずに下道。
知多半島道路だけは乗らせてもらいます。

終点の豊丘までのって。
そのまままっすぐ師崎方面。

大井港に行くには、二つ目の信号の大井西の交差点を左折。
そうすると突当りが大井港。

でもね、コンビニによって行きたいんで。
豊丘の次の、馬道の信号を左折します。

この道は狭くて暗くてちょっと怖い。

でも、国道247号に出たらすぐコンビニがあって便利。

集合場所は、港。
船が停まっていますのでそこで。

受付もそこにいる軽トラでやってくれます。

お金を払ったら、氷を一つもらえます。
仕掛けは別売り。

あたしはすでに買ってきてありますので、仕掛けは不要。

受付がすんだら、船に乗り込んで。
ロッドのセットなどして、準備を整えます。

港でセッティング

ポイントまで移動する途中で、仕掛けが絡まったりするといやなので。
仕掛けはまだつけません。

準備ができたら出航まで待ちます。

☆ #2 釣り開始編に続く





2014年7月30日水曜日

#24 本部半島名護でのランチに迷ったら:沖縄・渡嘉敷2


1、昼食の候補
2、百年古家大家に決まる
3、大家へのアクセス




美ら海水族館マナティなどで楽しんだら。

マナティ

もうお昼時です。
なんか食べに行かねばならない。

この沖縄海洋博公園がある本部名護
お昼ご飯によいお店がたくさんありますから。
候補をいくつかあげて、みんなに選んでもらいます。

せっかくの沖縄ですから。
沖縄らしいところばかりをあげてみました。

我部祖河食堂。
沖縄そばの有名店。

名護に本店がありますよね。

ステーキハウス88。
沖縄と言えば、ステーキも外せないよね。

美ら海店が、去年の7月にできたらしいから。

88のお得なクーポンはこちら

まーすカフェ。
本部では、カフェも人気ですよね。
おっしゃれーなカフェも候補。

まーすカフェのお得なクーポンはこちら

大家。
沖縄の古民家が魅力の沖縄料理。
あぐー豚もあります。

「おおや」ではない。
それは、うるさいアパートだ。
「うふやー」ね。


そんな風に選択肢を出したら。

わざわざ沖縄でステーキじゃないよね。
言われました。

けっこうステーキは沖縄なんだけどなぁ。

カフェもねぇ。
おしゃれなのが似合うようなお年頃ではないから。
おっさんおばはんばっかりだから。

じゃぁまぁ、古民家の沖縄料理がいいなぁって。

で、大家に決定。

あたしは前回行ったばっかりだが~。

まぁでもね。
沖縄のいい雰囲気だし。
席もたくさんあるし。

古民家

観光客相手の店だって言われちゃってるけど。
だからこそ、システマチックだし。

料理もそこそこおいしいし。
おみやげ屋さんや建物や庭も見どころだから。

まいっか。


美ら海水族館、沖縄海洋博記念公園の有るところから。
この大家まで、15キロぐらい。

本部半島の中央部を通る県道84号線で行きます。
ナビの通りに行けば問題ありません。

県道を通って名護方面に行けば、黄色い看板がいっぱい立ってますから大丈夫。

けっこうな山の中を走ります。
最後は県道から離れて、さらに山道。

あたしは目的地がわかってるからいいけど。
うしろからついてくる車。

いったいどこへ連れて行かれるんだろうかと、若干心配になったらしい。

駐車場は店の前に広いのがあります。
団体さん用の観光バスもやってきますが。
バスは別の場所に停めます。

☆ ←#23 美ら海水族館水槽以外のお楽しみに戻る
☆ #25 百年古家大家でアグー豚に続く→









2014年7月29日火曜日

#23 美ら海水族館水槽以外のお楽しみ:沖縄・渡嘉敷2



1、売店
2、マナティの疑似交尾
3、ウミガメ




たっぷり水族館を堪能したら。

黒潮の海

出口へ。

出口の手前には深海コーナー

出口は入り口と別の場所です。

はやりのダイオウイカ

出口の手前には、やっぱりあります。
売店。

美ら海グッズが売られています。

ずいぶん前に来た時に。
ミノカサゴのTシャツを買ったんです。

腹の位置にプリント

結構気に入ってました。
背中には「接触禁止」って書いてあってね。

ミノカサゴだけに。


背面首のところに

無いかなぁって見に行ってみましたが。

美ら海水族館オリジナル

もうこのシリーズは無いらしい。
売ってなかった。

残念。


ゆっくりと、海洋博記念公園を見て回れば。
一日たっぷりと楽しめます。

伊江島も見える

オキちゃん劇場でのイルカショーとかね。

見ていきたいところではありますが。

名古屋組は帰らないかんので。
水族館を見終わったら那覇に戻ります。

でもその前に。
ちょっとだけマナティのプールを見ていきます。


マナティがねぇ。
プールでゆっくり泳いでいます。

マナティいます

餌のレタスが水面に浮いてて。
ちょっときたないけどね。

二匹入っているプールがありまして。
上から見てたら、けっこう仲良しだたんです。

仲良し二匹

そのあと下に降りて。
プールを横から見てみたら。

優雅に歩く

むむむっ!
なんかしてる。

なんかしてる

お互いの、股間?のあたりをくっつけてヘンな動き。

どうやら交尾のようだねぇ。
偶然そんなシーンに出会えたんだねぇ。

しばらくすると。
一通り終わったようで。

二匹は離れていきました。

こんな顔

その股間?を見てみると。
どうも、二匹ともオスのように見えましたけど。

なぜだ?

交尾ではなかったのか?

あとで調べてみたら。
マナティは疑似交尾っていうのをするらしい。
オス同士でも。

ふ~ん。


最後にカメ。

各種海ガメがプールで泳いでいます。

泳ぐウミガメ

ときどき水から上がって、砂の上を這います。

美ら海水族館

カメの上陸を見ている人。
必ず言うんだよね。
「産卵するんかぁ?」

しないって。

満月の夜ではないから。

☆ ←#22 美ら海水族館の駐車場と巨大水槽に戻る
☆ #24 本部半島名護でのランチに迷ったらに続く→