2015年1月2日金曜日

#04 甲府から昇仙峡 夫婦木神社姫の宮へ:昇仙峡の旅




1、甲府から昇仙峡へ行く
2、夫婦木神社姫の宮参拝
3、境内



朝食を甲府ワシントンホテルプラザホテル食べて。
準備ができたら昇仙峡へ向かいます。

じゃらんnet提供
甲府ワシントンホテルプラザの情報はこちら

あたしの目的地は、夫婦木神社姫の宮。
昇仙峡ロープウェイのすぐ近く。

ロープウェイには県道104号線を通って。
ほぼ一本道。

甲府の街中からは15キロぐらい。
市街地を抜ければ信号もなし。

だけど一か所トラップがあります。

左手に千代田湖を見て。
次に千代田小学校を越えてすぐ。

県道7号線になりますが。

ここが二股に道が分かれています。
道なりだと左。
左に行きたくなるような車線のペイントや標識。

どっちの道を選んでも、昇仙峡ロープウェイにはたどり着けますが。

けど、ロープウェイへは右の道がおすすめ。
走りやすい。

だがあたしはついつられて左に行っちゃった。

左の道は、細くて曲がりくねった道が続きます。

川沿いで、けっこう景色がきれいではあるんですけどね。
車がすれ違うことができないような道も有ります。


目的地。
夫婦木神社姫の宮は、昇仙峡ロープウェイのすぐ南。

大きな看板が出ています。

その看板のところで、山側に入って行くことができて。
大鳥居と、車を停めるスペースがあります。

白いのは白龍だから?

あたしは、そこに車を停めて。
神社へと向かいました。

鳥居に

ご祭神は。
天宇受売命(あめのうずめのみこと)。
市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)。
神功皇后命(じんぐうこうごうのみこと)。
柿本人麻呂命。

本殿に上がる所に

なぜ人麻呂?

人麻呂

鳥居をくぐって階段を上がると。
途中に手水。

清めるわけですが。
厚めの氷ができていました。

滝壺のところに氷

柄杓も少し凍りついています。

さらに階段を上がって。
本殿へ。

本殿

すると、なんと。
本殿は閉まっているがね~。

扉は閉ざされている

9時ちょっと前の参拝でしたが。
まだ開けてくれないようです。

仕方が無いので。
しまっている扉の前で参拝して。

貼り紙とかを見てたら。
どうも、参拝時間は10時からのようでした。


なんと言っても昇仙峡。
山の中ですから。

やや寒いのよね。
晴れてて、太陽に照らされてたけど。

だもんですから10時まで待つのはちょっとアレかなぁ。
一応、本殿の前で参拝したんだし。

もう少し境内を見せてもらって。
帰りましょうか。

帰りましょうか?

本殿に向かって左後方。

本殿と向かい合わせに小さい社殿。

弁財天

妙音弁財天。

そのすぐ隣には小さな池。

弁財天の隣の池

さらに奥に進むと。

本殿のちょうど左の真横の位置に。
泉があります。

この奥に泉

この泉こそ。
あたしがここにやってきたいと思った場所なのよね。


何の変哲もない。
岩に囲まれた泉なんだけど。

祭壇とかがあるわけではないんですが。
あたしはここにお願いするためにやってきましたの。

人々の願い

泉の水に触れてきました。

☆ ←#03 甲府ワシントンホテルプラザ朝食付きに泊るに戻る
☆ #05 昇仙峡 夫婦木神社姫の宮 本殿参拝に続く→


みみさん、昇仙峡一人旅:目次







甲府でのお泊りはこちら

0 件のコメント :

コメントを投稿