2015年3月19日木曜日

#03 城下町出石の昼食に近又の名物の皿そば:城崎温泉カニの旅




1、出石で昼食
2、近又
3、皿蕎麦の注文
4、皿蕎麦を食べる





城崎に行くとき。
お昼ご飯は必ず出石で食べます。

出石そばだねぇ。
出石は皿蕎麦で有名ですね。

皿蕎麦は、一口分サイズのそばが小皿に乗ってやってきます。
5皿ぐらいで、普通のざるそばの一人前分ですとか。

わんこそばとは違って。
食べ放題ではありません。

たいてい、一人前5皿のセットがあって。
薬味とか一人前ついてて。

足りなければ、さらに追加を頼むシステム。
たいてい追加は一皿単位で注文できるはずよ。

夜には温泉宿でたっぷりカニを食べる予定ですから。
夕食に響かないように。

ほどほどの量でやめておくのもテクニック。


いつもは県道沿いの甚兵衛さんに行ってましたが。

いつもの店

今回はちょっと気分を変えて。
出石の町のなかのお店にしました。

ネットで調べた人気店。
近又。

初めてのお店

駐車場が数台店の前にありますが。

食事の後に、出石の町をちょっと散策したかったので。
公営の駐車場に停めました。

出石城のすぐ下。

大手前駐車場。
町の中央部にこの駐車場はありますから。
観光に便利です。

近又さんは、この駐車場の入り口から北に。
二筋ほど超えたところ。
左側にあります。


人気店だから。
土曜日のおひるだから。

ひょっとしたら満席かもなぁ。
と思ってましたが。

すんなり入れて。
広めのテーブルに通されました。

座敷のテーブルに

近又さんのシステムは。

薬味付の一人前が5皿。
そして追加のそばだけの5皿。

お品書き

そういう単位での注文になります。

とりあえず、二人前と追加の一人前。
合計三人前、15皿の注文をしました。

メニューの裏

接客してくれたお姉さん。
どの子も元気良くて気持ちが良いですよ。

調理場に注文を通すとき。
みんなが大きめの声で返事をするのも好感。



やってきた皿蕎麦。
少なめに注文したつもりですが。

たくさんの皿が楽しい

大きなお盆にぎっしり小皿が詰まっているのは見てて楽しいね。

薬味セット

薬味は、ネギ、ワサビ、大根おろし。
そして、生卵とろろ芋。

まずは、薬味とか使わずに。
そばつゆの味だけでいただきます。

蕎麦猪口につゆを注ぐ

甘さ控えめ。
醤油の味がきいた濃いめのつゆの味。

出石蕎麦を食べるみみさん

おそばの風味がいいねぇ。

このそば。
小皿に乗っているもんですから。

塊で食べる

箸でつまんで、長く伸ばして食べる。
そういう食べ方がしにくいような気がする。

なんか、皿の上でそばをたたんで。
固まりにして蕎麦猪口に投入。

そんな感じ。

おいし楽しい蕎麦

一皿食べ終わると。
お皿に字が書いてあるのが見えるねぇ。

店名入りの皿

それから。
ネギやワサビを使えば。
つゆとそばの味に、アクセントが付きます。

そして、とろろ。

とろろと絡めて食べる

これはずっしりと。
濃いめのつゆと絡ませて。

蕎麦とも絡ませれば、とろろの粘りと味がおいしい~。

さらに生卵。

生玉子とみみさん

これはガラッと味が変わりますよ。

つゆを薄めますが。
卵の黄身でコクが増すのね。

とろろとの相性もいいし。

ただ、うまいことつゆの量を調節しないと。
蕎麦猪口が、卵とつゆでいっぱいになっちゃって。

そばを入れるとあふれちゃうかもね。

生卵は、黄身だけを入れるっていうのもいいかもしれない。

結局。
もう五皿追加して。

全部で20皿いただきました。

そば湯は熱いのです

蕎麦湯は、つゆが入ってるのと同じツボでやってきます。

熱いので、おしぼりを使って注いでくださいね。

☆ ←#02 養老サービスエリアの朝食は濃いラーメンに戻る
☆ #04 出石の町並みは但馬の小京都に続く→

みみさん、城崎温泉でカニづくしの旅:目次




じゃらんnet提供
みみさんの城崎での常宿は山荘足軽旅館

0 件のコメント :

コメントを投稿