2015年3月31日火曜日

#07 超豪華カニづくしの満腹夕食:城崎温泉カニの旅


1、夕食はお食事処で
2、焼きガニ
3、カニ尽くし
4、甲羅酒の魅力





待ってました。
焼きガニの夕食。

食事は部屋でなく。
一階のお食事処でいただけます。

のれんの奥で

個室的に仕切ってありますので。
よその人が気になることもなく。

個室風

部屋の中央には、囲炉裏があります。
ここでカニを焼いて食べるのよ~。

すでに準備はオッケー

大型の船盛用の船に。
たっぷりの生のカニ。

カニ~

野菜や餅なども乗っています。

さぁ始まりますよ

さらに、お造りや枝豆もスタンバイしています。

刺身も新鮮

これだよね~。


まずはカニの足から行きましょう。

食べたい分だけ少しずつ

囲炉裏に乗せて。
焼きすぎてはいけません。

片面焼でオッケー。

殻をそいである部分に注目。
軽く膨らんできたらちょうど良い焼き具合。

パキっと関節を折って。
引っ張ればカニの身が上手に取り外せます。

熱々のカニがうまい~

一応タレ的なものはありますけど。

このままが一番いい。

半生な部分の食感と。
焼けた香ばしさ。

うまい~。



そのほかのカニ料理。

ズワイガニのお刺身ね。

生のズワイガニ

甘エビのお刺身に少し似てますけど。

カニの刺身をいただくみみさん

もっとさっぱりしてて。
もっとチュルッとお口に入ってきて。
いいわぁ。

これも、このまま何もつけずに食べます。
甘みがいいよね~。

ボイル。

茹でたてがいいの

これは一般的な食べ方ですよね。
だけど、水揚げされたばかりの新鮮なカニ。
さらに、ゆでたて。

うまくないはずがない~。

カニの身の味が凝縮されて。
う~まいよねぇ。

甲羅に入ってるカニみそもうれしい。

濃厚カニみそ

さらには、カニの天ぷら。
大きめの足の部分だけを天ぷらに。

食べやすい足の部分だけ

サックさくの揚げたて。

どうだっ!

締めには、カニ雑炊。


カニだけでもう、おなかいっぱいになります。


そしてなんといってもあたしの一番は、甲羅酒。

焼いたカニみそ

ほんとは甲羅酒っていう料理が出てきたわけじゃないんだけど。
カニみその甲羅焼きなんだけど。

あたしはこれを一切そのまま食べないで。
全部甲羅酒にして飲みます。

焼きあがったカニみそはお皿に全部移して。
甲羅の中に日本酒投入。

お酒を注いで

少し囲炉裏で温めてから。
甲羅に口をつけて飲む。

お酒の入った甲羅を温める

カニみその香りと味の日本酒。
全然生臭くないね。

甲羅の中の日本酒を飲んじゃったら。

皿によけておいた味噌を、スプーン一杯分だけ甲羅の中に戻します。
そしてまた日本酒をついで。

も~。
うまいから~。

日本酒はそんなに得意なほうじゃないけど。
いくらでも飲めます。

大好き。
甲羅酒を飲むために城崎にやってきたといっても過言でないね。

幸せ~

焼きガニ、カニ刺身、ボイル、天ぷら。
それらと甲羅酒と、どっちか選択。
って訊かれても迷わず。

甲羅酒っ!

☆ ←#06 カニと浴衣と歴史と文学と外湯の街に戻る
☆ #08 おなかに優しいおいしい朝食に続く→

みみさん、城崎温泉でカニづくしの旅:目次




じゃらんnet提供
みみさんの城崎での常宿は山荘足軽旅館

0 件のコメント :

コメントを投稿