2015年4月23日木曜日

#10 十二体の怒れる仏像の新薬師寺:二週連続奈良の旅




1、まんま亭でカレーを食べたから
2、道幅が狭い
3、新薬師寺参拝





奈良のおひるごはん。


ロードバイク界で有名なまんま亭さんで。
カレーを食べましたから。

そりゃ素通りするのはイカンよね。

新薬師寺。

新薬師寺本堂

まんま亭さんの目の前。

最初の予定では、法隆寺と東大寺に行くっていうことだったんですが。
せっかくなんで参拝しました。


春日大社の南。

駐車場は、山門のすぐ横に有ります。

でもね、この近辺はけっこう狭い道。
人気のお寺ですので。
参拝客、観光客がたくさん歩いています。

お車で行かれる際はお気を付けください。

あたしはナビ通りに行きましたが。
北側からのアプローチを選択するのよね。
ナビがね。

かなり狭い道を通されました。

西側からだと、それよりはちょっと広め。
なので、西からの進入をお勧めします。


駐車場の入口に比賣神社があります。

比賣神社

その先で参拝料を払って。

重要文化財の南門をくぐると本堂が見えます。

南門から入ります

ここから見えるのが新薬師寺のほぼ全体。
そんなに広くないし、建物もたくさんあるわけではありません。

南門から見えるのがほぼすべて

それでもこの新薬師寺が人気なのは。
本堂内の仏像群。

これがすごい。

堂内に入って右へ進めば。
ご本尊。

薬師如来坐像。

金色の光背の、座った高さが約2メートルの大きな仏像。

これがね。
もちろん素晴らしいっちゃぁ素晴らしいんですが。

西側から本堂に入ります

脇を固める仏像群がさらにすばらしい。

十二神将立像。

ご本尊に比べると、それほど大きくはなく。
人の背丈ぐらいですが。

本堂内に円く配置されています。

それぞれ十二支の守護神とされています。

ほとんどの神将は、怒りの表情をしてまして。
武器を持っています。

桜と本堂

薬師如来を守る大将ですからね。
将軍ですからね。
ジェネラルですからね。

へらへらした顔付きではイカンのですが。

何から守っているのでしょうか?
怒りの感情は仏教でオッケーなの?

疑問は湧きますが。
世の中のものは全てが無であるわけですから。

目に見えている仏像も本質は空なんでしょうね。
知らないけど。

何となく、見ていると心が安らぐので。
しばらく本堂内で感じていることにしました。

境内の小さな庭園

ちなみに、最もイケメンの神将は。
伐折羅大将です。

ご朱印は本堂内でいただけます

本堂内は写真撮影禁止なので、お顔はよそのサイトで確認してください。

☆ ←#09 新薬師寺前まんま亭のロードバイクカレーに戻る
☆ #11 氷室神社と東大寺と春日大社に続く→

みみさん、二週連続奈良の日帰り旅行記:目次





0 件のコメント :

コメントを投稿