2016年5月2日月曜日

師崎港七福丸のフグカットウ釣りでふがいない結果:後編



1、フオースマスター401を使ってみて
2、本命ゲットする
3、ふがいない



ま、それはそれとして。
短いカワハギ竿でも、さほど重さを感じず。
バランスを崩すこともなく。

慣れた左ハンドルの操作性がうれしい。

右手の親指が、クラッチやスマートダイヤルに届くので。
右手でロッドの操作とクラッチ。
左手は、巻き上げハンドルで底をとる微調整のハンドル操作。

必要に応じて、スマートダイヤルでの巻き上げ。

とても使い心地がよい。

ただ、クラッチのオンがちょっとね。

押してオフにしたクラッチを。
上に跳ねあげてオンにするのが少しやりにくい。

切りすぎた底を取り直すのに、微妙にクラッチを切りたくても。
オンにするのが遅れてべた底になっちやう。

こんなときは、半クラッチを使えば。
よい感じで調整できることがしばらく使っててわかりましたけどね。


やはりポイントでもうねりが強く。
カットウの微妙なあたりが取れませんで。

適当な間隔で空あわせを入れてみます。

何回かのカラ振りの後。
なんか重いね。

ゆっくりと巻き上げてみれば。

ラインは巻取られますから。
根掛かりではないようです。

あがってきたのは。

なんか付いてるけど

ナマコか~!
どうも重いばかりで、ちっとも引きがないとは思ったんだ。

なにナマコ?

気を取り直して。
再挑戦すれば。

また、ずっしり重い手ごたえ。
でもやっばり引きは無く。

おっこれは?

またナマコとかだろうなぁと思ってたら。
本命ゲット。

やった~っ!

けっこうでっかいヒガンフグでした。


その後、同じぐらいのサイズを追加しましたけど。

二匹目もそこそこの大きさ

9時ごろになんと。
船酔いだ~。

ジオングのメガ粒子砲。
強風で霧状に拡散して海原へ。

何度も釣りを再開しようとしましたが。
酔いはひどくなるばかりで回復せず。

戦維喪失!

ふがいないみみさん

そんなわけで。
終了時間までキャビンでひっくり返ってまして。
ふがいない。

捌いてもらったフグ

二匹の釣果は、おうちでにして食べました。
おいしかった。

丘で準備されてたはんぺんはおいしく食べた

ちなみに、同乗の方。

鍋にしていただきました

アタリが取れないね~。
とか言いながら、平気な顔でサクサク釣り上げてました。

師崎港七福丸のフグカットウ釣りでふがいない結果:前編






0 件のコメント :

コメントを投稿