2016年6月19日日曜日

#03 鹿島セントラルホテルの朝食バイキング:東国三社の旅



1、茨城の宿は鹿島セントラルホテル
2、鹿島セントラルホテルの客室
3、朝食バイキング



名古屋から車で茨城入りして。
今夜の宿は。

鹿島セントラルホテル。

国道沿いにある、かなりでかいホテル。
駐車場は裏手にあります。

駐車場からフロントまでは少し遠いけど。
途中にはスーパー銭湯的なお風呂施設もあります。

駐車場から荷物を持って建物へ入れば。

かなり広めのフロントロビー。

二階には結婚披露宴会場もあるようです。

少し遅めのチェックインとなりましたが。
まだフロアには参列者の方々が大勢いました。

キーと明日の朝食チケットを受け取り。
部屋へと向かいます。


この鹿島セントラルホテル。
どうやら、本館と新館の二棟あるようです。

フロントロビーがあるのが新館。

あたしの部屋は本館。
けっこう遠い。

部屋に行く途中。
ホテル内部から銭湯に行く通路もありまして。
宿泊客は割引で入浴できるようですが。

客室へと続く廊下

これから飲みに出かけるし。
部屋のバスでいいでしょう。

部屋のバス

あたしの部屋は上層階でした。

ドアを開けて入れば。

狭っ!

部屋はこれだけ

部屋はベッドでいっばいいっぱい。

朝まで寝るだけですから

一人で寝るだけだからこれでじゅうぶんだけどね。
お値打ちだし。
高層階だから、窓から鹿島の街が一望できるしね。
夜だけど。

窓の外の景色

洗面やバスは部屋に合ったサイズ。
アメニティも普通にありますから。
特に問題は無し。


朝食付きの宿泊プランです。

会場は一階。
テラス風の席で。
開店直後に会場入りしましたけど。

混雑はなくスムーズに着席。

フレッシュサラダ

お料理は、ホテル朝食バイキングの基本通り。
和洋の料理がラインナップ。

基本の洋食

ソーセージやベーコンの肉加工品。
そしてスクランブルエッグ。
洋風朝食の王道。

基本の和食

焼き魚と煮物が和食のメイン。
つくだ煮や海苦や漬物がわきを固めます。

たらこで食べるご飯

たらこがね。
おいしかったわぁ。

白飯にたらこを乗せて。
海苦と一緒に食べればこれだけでいいよね。

他も食べるけどさ。

しらすもうれしい和食

シラスもありましたけど。
シラス丼にするほど大量提供ではないので。
ほどほどいいただいて。

しらすとみみさん

白飯の他にも五穀米もありまして。
おかわりの時に食べました。
なんか体によさそうだからねえ。

五穀米とみみさん

朝食バイキング。

いろいろちょっとずつ

けっこうお値打ちなので、そんなに期待していなかったんですが。
お値段を上回る満足でした。

でも、せっかく茨城に来たのに。
納豆を食べ忘れたのは残念。

じゃらんnet提供
ゆったり朝食の鹿島セントラルホテルに

みみさんが東国三社をめぐった旅行記:目次

☆ ←#02 鹿島の夜は松星でしみじみ一人呑みのはずがに戻る
☆ #04 建御雷大神と要石の鹿島神宮参拝に続く→





0 件のコメント :

コメントを投稿