2016年7月11日月曜日

#11 新横浜国際ホテルの鉄板焼きステーキ朝食:東国三社の旅



1、新横浜の宿は国際ホテル
2、必要にして十分な客室
3、朝食はステーキバイキング



とまぁ、そういう理由で新横浜に宿をとることを選んだんですけどね。
なかなかお手頃な宿がなくて。

気になったホテルはどこも満室。
あるいは超ハイクラスの値段設定。

何しろゴールデンウィーク中の観光地ですからね。

じゃらんで検索しまくって。
ホントは予算オーバーだったんですけど決めました。

新横浜国際ホテル。

新幹線の駅西側。
広い通り、環状二号を超えてすぐのところにあります。

地下鉄駅入り口からも近い。
そごうに出かけた時にはとても便利だったわ。

公共交通機関の便だけではなく。
車でのアクセスも便利。

ホテル周囲の道は広すぎず、狭すぎず。

ナビが頼りの頼りない運転でも。
他の車に迷惑をかけることなく。

この角が新横浜国際ホテル

ホテル隣接の駐車場にたどり着けました。


新横浜国際ホテルの外観。
かなり背の高い建物でして。

高層ホテル

さぞ景色がよかろうと。
横浜の夜景を楽しみにして。

一階のフロントでチェックインすれば。
渡されたキーの番号は。

316。

ん?
ちょっと嫌な予感。

エレベーターに乗り込んで。
フロア案内を見ますと。

客室の最下階。

客室階の廊下

部屋のドアを開けて中へ。
まあ、シングルルームですからね。

これくらいのスペース

そんなに広い部屋だとは期待してませんから。

ベッドがセミダブルっぽいので寝るには快適でしょう。

バスやトイレも、普通にシングルルーム。
特に何も不便はなさそう。

バストイレ

そして期待していた窓からの景色。

なにも見えんわ~

隣のビルの壁面だが~っ!


このホテルを選んだ理由の一つ。
朝食バイキングがちょっと魅力でね。

シェフが目の前で焼いてくれる。
鉄板焼きステーキ。

もちろんバイキングですから。
食べたいだけ食べてよい。

どう?
魅力でしょ。

そもそもこの朝食会場。
鉄板焼きステーキレストランで。

夜の営業では。
よいお肉を使った。
よいお値段の肉料理がいただけます。

最上階レストラン

鉄板焼きレストラン、オーク。

ホテルの最上階に位置していまして。

例のごとく。
あたしは開店時間ちょっと前に到着。

まだ開いていない

評判の良い朝食バイキングですから。
ほぼ客室は満室の今朝。
行列するかと思いきや。
意外とすいてて。
窓際の席に座りました。

すいてるレストラン内

あ~きれいな景色が見えるねぇ。

条件が良ければ富士山も見えるらしい。

窓からの景色

さっそくお料理をいただきに。

メインディッシュのステーキ

サーロインステーキ。
一口大にカットされ。
焼かれるたびにお皿にオン。

シェフが目の前で焼きます

ビュッフェス朝食用の肉ですから。
夜の営業で出しているようないい肉は使っていまい。

タカをくくっていましたが。

ところがどっこい。
これがすごくいい肉なわけ。

サーロインステーキの朝食

ミディアムよりちょっと強めの焼き加減。
だけど、や~わらかい。

軽く味付けしてありまして。
肉汁たっぷりおロの中では牛肉の味がとろける。

一見控えめだが肉をおかわりした

すんません。

何回かおかわりしちゃいました。

鉄板焼き肉以外では、そんなに品数が多い方ではありませんが。

厚切りのベーコン

ベーコンが超厚切り。
スモークの香り、歯ごたえしっかり。

うまいベーコン

そして焼き魚は鮭。
カマの部分がお皿に居たのでゲット。

焼魚も一味違います

そもそもここの鮮は美味しかったんですが。
カマということでさらに倍。

カマの部分をゲット

和食コーナーでは、温泉卵とシラスが居ましたので。

とろける黄身がうまい

勝手にシラス丼を作っていただけば。
横浜の朝はやはり満腹でした。

じゃらんnet提供
朝食ステーキが魅力の新横浜国際ホテル

みみさんが東国三社をめぐった旅行記:目次

☆ ←#10 横浜の夜はラーメン博物館の締めで救われたに戻る
☆ #12 浜松SA天つるりが旅の終わりの昼食に続く→





0 件のコメント :

コメントを投稿