2017年8月16日水曜日

#10 今夜もちゅらさん亭で沖縄海鮮満喫:古宇利と座間味の沖縄



1、決まっていない今夜の食事
2、ちゅらさん享は賑やか
3、海鮮と沖縄料理



座間味島から那覇に帰ってきて。
ホテルで水着やら機材やらを洗えば。

最後の夜の。
楽しい夕食タイムです。

でもねぇ。
どこに行くか事前に決めてないんだわねぇ。

いくつか気になるところはピックアップしてありますので。
電話して空き状況を確認すればいいかと思ってまして。

その中から。
まず一軒目。
ネットで電話番号を確認すれば。

日曜定休日とのこと。

なんとか~っ?

いつもは日曜に帰るスケジュールだから。
最終夜は土曜だもんですから。
やってるはずだとピックアップしたのになぁ。

気を取り直して次の候補。
電話すれば。

改装のため休業してますって。
どういうこと?

四国学院大学の教授か?
北海道出身売れっ子タレントか?

そして三軒目。

ちゅらさん亭。

海鮮系の評判の良いお店。

那覇に着いた夜。
ホテルに向かう途中。
58号線沿いにあったのを見ています。

電話してみれば。

今は空いてるけど。
当日予約は受けないから、来てもらってから待ちがあるかもしれないと。

ま、そりゃそうだわな。


ホテル JALシティ那覇 から出かける時。
けっこうな雨が降ってまして。

タクシーに乗せてもらってちゅらさん享へ。

国道58号線。
泉崎の交差点のところね。

タクシーを降りて。
店内に入れば。

空席有りと。
これはありがたい。

沖縄魚の写真図鑑

雨降ってるから、外で待つのはつらいからね。

席に案内してもらえば。
けっこうにぎやかな店内。

海鮮以外も充実

壁には海鮮系の料理名がずらっと。
これは期待でさそう。

せっかくの海鮮系居酒屋さんですから。
魚を食べます。

魚系料理

さしあたっては刺身の盛り合わせは要るよね。

お通しはもずく酢

注文すれば5種類ほどの刺身。
イラブチャーマグロはわかるけど。
他の白身魚は何かわからん。

刺し盛からスタート

店員さんに聞けば教えてくれるだろうけど。
知ったところで何も変わりはしないさ。

刺身好きだね

そして加熱魚も要るよね。
そりゃあ魚のバター焼きが食べたいわね。

本日のおすすめ魚を聞けば。
みみじゃーですって。

昨日の大安丸でも食べた魚だねぇ。

店によって味付けが違うから。
それでもいいんですが。
せっかくなので違う魚はないかときけば。

オジサンがあるって。

カタガシ。
おととしの大安丸で、これまたバター焼きにして食べた魚だねぇ。

結構おいしかったので。
それをいただきましょう。

バター焼きはイイ

ニンニクはそれほど強烈でなく。
マイルドな味わいのバター焼き。

オリオン生がうまい

そして、いつもの沖縄料理。
ふーちゃんぶるー。

これは必要

どこで食べてもおいしいアレ。
ここはこれもマイルドな味付けです。

よし

店員さんから。
当店はどなたかの紹介ですか?って聞かれまして。

ネットで見ました。
と伝えれば。

シャコガイの上にぶどう

海ぶどうをサービスで出してくれました。
ネットだからサービスしてくれるんかなぁ?
よくわかんない。

ご存じ、プチプチの食感と。
軽い塩味。

パンチが少ないので自分ではあんまり注文しないけど。
サービスでいただければ嬉しいわな。

パンチといえば。

ちゅらさん享は海鮮系居酒屋ですが。
沖縄ですから、豚肉料理もあります。

三枚肉塩焼き。

塩で食べる豚肉はイイ

塩で味付けしてカリッと焼いてあるだけですが。
だからこそ、豚肉の味が引き立つ。

魚に比べると、豚肉はやっぱりパンチがありますねぇ。

☆ ←#09 炎天下の座間味ビーチで食べる生魚に戻る




2017年8月15日火曜日

#09 炎天下の座間味ビーチで食べる生魚:古宇利と座間味の沖縄



1、やはり座間味の海が好き
2、昼食はマギィのづけ丼
3、フェリーの復路



沖縄三日目。

JALシティ那覇 の朝食を食べたら。
準備して出発。


行き先はもちろん。

座間味島。

ホテルからタクシーで泊港北岸へ。
予約してありますから。

一年ぶりのクイーンざまみ

乗船券を買ったら高速船クイーンざまみに乗船。
50分も乗っていれば座間味島へ到着。

いつものキャビン

そして、村営バスに乗って古座間味ビーチへ。

満席です

もう何度も訪れているビーチですから。
勝手知ったる手順に滞りはなし。

座間味から那覇まで手漕ぎ帆船のイベント

ああ、今年も来れたねぇ。
気持ちの良いビーチでスノーケリング。

さぁ遊ぼう

楽しい沖縄の一日です。


午前中からタップリ海につかって遊びますと。
お腹が減りますわなぁ。

楽しいビーチ

古座間味ビーチには食事ができるところが二軒。
憩とマギィ。

どちらも同じ建物でやってます。

海の家的なお店です。

渡嘉敷畠行きの高速船が運休だからなのではないかと思いますが。
この日は古座間味ビーチがとても混んでまして。

この二軒のお店も大混雑。
お昼時だしなぁ。

だもんですから。
スナック菓子でも買って。
おなかをごまかそうかと思って入店しましたら。

たまたまいいタイミングで待ちかいなくなってたの。

ではせっかくなのでなんか作ってもらいましょう。

調理が必要なモンだと時間かかるから。
さっとできるもの。

カレーとか簡単でいいかな。

と、マギィさんところのメニューを見れば

づけ丼、発見。

しかも限定。
ご飯の上に刺身を乗せるだけだから。
すぐできるわなぁ。

できますか?と尋ねてみれば。
オッケーとのことで。
注文しました。

予想通りすぐにできあがって。
せっかくなのでビーチに戻って。
海を見ながら食べましょう。

ちょっとおいしそうでしょ

沖縄のビーチ。
強烈な炎天下で食べる生魚。

刺身はしっかりヅカっていまして。
これはうまい。

旨かったぁ

少し甘めに味付けされたタレ。
刺身のおいしさを引き立てます。

そしてそのタレがしみこんだご飯。
丼ものの醍醐味だね。

わりと簡易に。
ササっと食べるつもりだった昼食ですが。

意外としっかり食べられてうれしい。

お昼ご飯を済ませて。
午後からも楽しくスノーケリングで遊びまして。

クマノミ居ます

たっぷり沖縄のビーチを満喫。

潜るみみさん

少し早目にシャワーをします。
だって今日の古座間味ビーチ。
人がいっぱいだから。

違う種類のクマノミ

シャワーや着替えもきっと大混雑するよ。

すいているうちに済ませましょう。
ということで早めの切り上げ。

今年も沖縄の海を満喫できました

着替え終わったころには、シャワー室。
大混雑。

とくに女性用は行列までできてました。

着替えちやったら。
もうビーチには、いる場所はないので。

日陰の待合室がある港へと戻りましょう。

バスの時刻を確認すれば。
5分足らずで港行きのバスがやってきますと。

なんかいいタイミングだねぇ。

港に着けば。
帰りの高速船にはまだかなり早い時間でして。

長い待ちがあるなぁ。
と覚悟してたら。

フェリーが泊まってるねぇ。

ふぇリーざまみ。
座間味丸じゃないのね。

ひょっとしたらこれに乗れば。
クイーンざまみより早く那覇に着けるかも。

ということで、チケット売り場で聞いてみれば。
10分早く那覇に到着するとのこと。

10分かぁ。
あんまりメリット無いかなぁ。
乗船時間も長いし。

だけど、クイーンざまみより運賃が安いから。
手数料を引いた差額が返ってくるとか。

どうせ待合室で乗船と同じ時間をつぶすんだし。
冷房のきいた涼しい船内の座席だったら寝ちやえるから。

フェリー座間味で帰ることにしました。

フェリーに乗る娘さんの中に。
どうやらシャワーをあきらめたとみられる方が何人か。

湿った水着の上からシャツやスカートを着ていました。
さぞ潮水が気持ち悪かろうに。

そんな風にならなかったあたしたち。
早めのあたしの行動が功を奏したっていうことで。

☆ ←#08 JALシティ那覇で二晩目の部屋飲みに戻る
☆ ←#10 今夜もちゅらさん亭で沖縄海鮮満喫に戻る




2017年8月10日木曜日

#08 JALシティ那覇で二晩目の部屋飲み:古宇利と座間味の沖縄



1、夕食後はTギャラリア
2、やはり部屋飲み
3、今夜のお供は



大安丸の海鮮をいただきまして。
食後の行動パターンは、いつも一緒ですわな。

ギャラリア。

だってゴティバのチョコレートがもらえるんだもん。
行くわな。

なんか買わなきゃもらえんけど。

それと。
新しいサングラスが欲しくてね。
明日の座間味行きで使いたい。

サングラス売り場で、いろいろと見せてもらいまして。
あたしはあんまりサングラスが似合わんのだけど。

何とか気に入った一本を買いますと。

こんなもんかなぁ?

商品は帰りの空港渡しだそうで。
座間味にかけて行けんがな~。


ギャラリアから帰ってきまして。
JALシティ那覇 の部屋に戻る前に。

当然お酒を買いますわな。
だって部屋飲みするんだもん。

もちろんオリオンビール。

これが一番

泡盛は昨日のが冷蔵庫に残ってますから。
買わなくていい。

熱い沖縄の夏。
だけどクーラーのきいた部屋。

快適に過ごせば。
飲むお酒もおいしいよねぇ。

大安丸に行く前。
那覇の街を散策しまして。

今夜の部屋飲みのためのお供を買いました。

これまたいつもと同じおつまみ。
むつみ橘通りのかまぼこ屋さん。

マーミヤかまぼこ。

チーズのを一つ買っただけなのに。
おまけをたっぷり入れてくれます。

買ったのはこれ一つ

試食用にカットしたヤツが入っているみたい。
なんかニンニクの香りがするヤツも。

これ全部おまけ

でも、これがうまいんだなぁ。
いつも買います。

これが好きだ

牧志公設市場にも行ったんです。
部屋飲み用にお値打ちでいいお刺身は売ってないかしら?

探しましたけど。

もう一つかなぁというのばかりだし。
大安丸に行くことが決まってましたから。

無理に刺身は買わなくていいやということで。

大安丸といえば。
イカスミの天ぷら。
全部食べきれなかったのでお持ち帰りしました。

冷めてもうまい

それも食べるわなぁ。

黒い表面。
かじればやっぱり白いイカ。

時間がたっているので冷めてはいますが。
沖縄天ぷらですから。
それでもおいしい。

甘いものも買ってまして。
寝る前なのに開けてたべます。

これを探してた

パイナップルケーキプレミアム。

名護パイン園のオリジナル商品。

ギャラリアで買いました。

中には個装

個装されている中は。
カステラだねぇ。

パイナップル味のカステラかと。
たかをくくっていましたが。

甘さ控えめで。
お上品な味。

これはお勧め

パイナップルが主張しすぎることなく。
けれど、深いパイナップルの香りがよかったわね。

さらに。
持って帰ろうと思って買ったのに。

公設市場二階のサーターアンダーギー屋さん。

歩。

今まで食べたサークーアンダーキーの中で。
ここのが一番おいしいとあたしが絶賛してます。

昼過ぎには売り切れちゃう人気店なんだけど。
この日は買えたんです。

しかし気づいたら。

ここのが好き

開けられてるが~っ!
食べとるが~っ!

仕方ないので。
あたしも食べましたが。

牛乳で食べたかった

ま、甘いものでお酒も悪くはないね。
沖縄でオキナワのモノだからな。

じゃらんnet提供
部屋飲みも楽しいJALシティ那覇

☆ ←#07 那覇の海鮮夕食はまたしても大安丸に戻る
☆ #09 炎天下の座間味ビーチで食べる生魚に続く→




2017年8月7日月曜日

#07 那覇の海鮮夕食はまたしても大安丸:古宇利と座間味の沖縄



1、夕食まで
2、いつもの大安丸へ
3、刺身とバター焼きとイカの白さ



古宇利島から那覇に帰ってきまして。

水着や機材を乾かして。
夕食までまだ少し時間がありますから。

那覇の街へ出かけていきました。

買うことが決まってるお土産とか。
自分が欲しいものとか。

ササっと買って。
部屋に帰れば。

もう間もなく夕食の時間。

今夜はいつもの大安丸に行きます。
19時で予約しましたが。

電話してみたところ、早めに来てもいいよ。
ということなので出かけていきました。


JALシティ那覇 を出て。
歩いて15分ぐらいで大安丸に到着。

まだ明るい

座敷席に通してもらいます。

何度もうかがっているお店ですから。
勝手はすっかりおなじみでして。

グランドメニュー

メニューをさらっと眺めたら。
注文します。

今日のお刺身はなにかな?

刺身の盛り合わせ一人前。
ここの刺し盛り。
お値打ちだよね~。

これはお得

いつも盛り合わせには、ちぬまんを入れてもらいますが。
この日はちぬまんがなく。
ではお任せでお願いすることに。

これは外せない

そして、魚のバター焼き。

きょうのおすすめの魚は。
ミミジャー。

なにそれ?

でも、なんか他人のような気がしない名前なので。
他の魚に比べると、ちょっといいお値段でしたが。
注文しました。

他にはやっぱり、ふーチャンプルー。
マグロとアボカドのサラダをいただきます。

やってきた刺身の盛り合わせ。
魚の名前が書いてある紙が添えられていますが。


そんな名前の人知らない。

本マグロもそう書いてあるかどうか自信がない

ほとんどそんな魚ばかり。
マグロだけかな、わかるのは。

新鮮な地魚。
う~まい。

そして。
マグロとアボカドのサラダ。

やわらかいアボカドと赤身

刺身かぶりですが。
これもおいしいんで外せなくてね。

さらに、ふーチャンプルー。
これはもう、沖縄料理では食べざるを得ないですからねぇ。

これは決定の沖縄料理

食べますわな。

少し待ってから。
魚のバター焼き。
やってきました。

お~いい感じ

みみじゃー。
ヒメフエダイという一般名だそうで。

ヒメフエダイ知らないけど。

ビールがうまいぜ

タマンと同じような姿をしてます。
フエダイだからねぇ。

レモンで

でも、色は赤いらしい。
バター焼きにしちゃったら。
あんまり色はわからんけど。

いつもと同じように。
大量の、エノキバターがオン。
エノキバターには大量のニンニク。

このえのきがシャキシャキ

白身魚のアッサリ味に。
強烈なバターニンニクがいい。

おなじみの料理を一通りいただきましたら。
もうちょっとなんか欲しいねぇ。

メニューを見れば。
おすすめ料理にあるイカの天ぷら。

ころもにイカスミが混ぜてあるそうな。
ちょっと面白いので注文しました。

やってきた天ぷら。

黒つ!

真っ黒だねぇ。
スルメイカのような薄い身ではなく。
セイイカを使っているんでしょう。

太いフォルム。
バーベキュー用の炭のようだ。

まあ、イカ墨だけどな。

食べ物とは思えん

揚げたて熱々をかじってみれば

沖縄天ぷらの。
厚い衣の中に。
イカの食感。

そんなにスミ感のある味ではなく。
普通においしい、沖縄のイカ天でした。

そしてかじった断面を見てみれば。

白黒のコントラスト

イカが白っ!

そりゃイカだもん。
白いわなぁ。

だけど、表面があまりにも黒いので。
イカの白きが意外で。
けっこう驚きましたわ。

☆ ←#06 本部の昼食は島豚家の炙り三枚肉に戻る
☆ #08 JALシティ那覇で二晩目の部屋飲みに続く→