2017年2月1日水曜日

みみさん琵琶湖にバス釣りに行って漁師におどろく



1、みみさん琵琶湖にバス釣りに行く
2、投網のバス漁師
3、大和と武蔵と


去年再燃した、あたしのバス釣りブーム。
まだバス釣り熱は冷めていないようで。
この寒いのに、琵琶湖まで釣りに行ってきました。

ポイントに到着すれば。
あたしと同じく、この寒いのに、食べられもせんような魚狙いで。
釣りにやってきている頭のおかしい人がいっぱいいまして。

負けてはいられんと、がんばってキャストを繰り返すも。
全然釣れんが~。

今日はどうも渋いらしく。
周りでも、釣れてるところはめったに見ず。

あたしが下手だということではないようで安心。


そしたら。
バケツと網を持ったおやっさんがやってきまして。
ちょっとそこで投げさせてくれと。

スタンバイおやっさん

今日は寒いので、沖の深いところでじっとしてるわさ。
投網で届くような近いところにはおらんわさ。
おったとしても、ハタハタサイズだわ。

周りで誰も釣れとらんのが証拠だわさ。

かっこよくはある

そう思いながら場所を譲れば。

やっぱり、岸からほんの数メートル先までしか網は届かんわね。

近すぎるよね

おやっさん、ゆっくりと網を引き揚げてきます。

そんなもったいぶったって、入ってないって。

引き上げられる網

ほらね。
引き上げて、つぼんだ網。
魚がいるようには見えんがな。

空振りのようだね

そして、網を開けば。

なんだこりゃ~?

大量のバスが網の中から、ザックザク。

けっこういいサイズ

なんでだ~?
おおぜいのバサーが、あの手この手で釣り上げようとしてるのに。
それでも、全然釣れてないのに。

岸際で獲れた大量のバス。

あっという間にバケツはいっぱいに

しかも、オカッパリとしてはそこそこのサイズのが。
ゴロゴロと。
なぜこんなにいるのに、釣れてくれないんだ?


おやっさんに撮影の許可をもらいまして。
話を聞いてみると。

駆除だそうで。
捕らえたバスは、漁協に持ってくんだって。

バスフィッシングは効率が悪いんだね

琵琶湖の漁協や漁師と、バサーは相容れない関係で。
漁師に出くわしたバサーは電気ショッカーで捕らえられ。
肥料にされるかと思ってましたが。

このおやっさんはそんなことなく。
とてもフレンドリーに話を聞かせてくれました。

投げるたびに数匹ゲット

なんでも、ここには二匹の巨鯉ヌシとして住んでるそうで。
大和武蔵というんだそうな。

武蔵は気性が荒く。
網にかかると、大暴れして網を破られてしまうので困る。

だけど、大和はおとなしい。
網の中でじっとしてて、リリースされるのを待つんだそうな。

ホンマでっか~?

その他にも、水中のストラクチャーの場所とかもよく知ってるようで。
教えてもらえました。

小さいがな~

そこをしつこくせめてみたら。
小さいのばっかりですが、なんとかいくつか釣ることができましたがね。






0 件のコメント :

コメントを投稿