2018年1月28日日曜日

#6 巨大ホテル浦島は朝食もセミバイキング:南紀那智勝浦の旅




1、朝食会場は昨夜と同じ
2、セミバイキングのお重は
3、満足のラインナップ


那智勝浦、 超巨大ホテル浦島。

セミバイキングの夕食。
おなかいっぱい食べまして。

その後、部屋でちょっと飲みましたら。
そのまま寝ちゃいました。

当初の予定では。
夕食食べてから部屋でゆっくりして。
お風呂とか入りに行ったりしたら。

小腹がすくはずでね。

ラーメン屋さん行くとか、飲み直しとかするはずたったのにねぇ。
おっかしいなぁ~。

小腹はすかんかったねぇ。
そして全力バタンキューだったねぇ。

そんな風でしたが。
朝になればヤッパリお腹はすくわけで。
朝食時問が待ち遠しい。

朝食も希望時間を聞かれまして。
そりゃやっぱり一番早い時間でお願いしましたわな。

そして会場は、昨晩と同じグリーンヒル。

山上館専用。


会場入りして。
案内された席は昨晩と違うところ。

少し奥の方の席に通されました。

なんでも、予約順に景色の良い席を案内してくれるんですとか。
確かに、勝浦港がよく見える、眺めのいい席でした。
朝だからよく見えましたわな。

朝の港の風景

朝もやっぱりセミバイキングでして。
テーブルの上には小さいお重がスタンバイ。

今朝の料理はお重の中に

早速ふたを開けてみれば。
出汁巻玉子、豆腐、じゃこおろし、など。
食べすぎて弱った胃にやさしいおかず群。

お重の中にはかわいく鎮座

だけどね。
個別のお重に入れなくてもいいんじゃないかなぁ~。
この料理だったら、バイキングに並べても問題ないんじゃないかなぁ~。

さらに、時間指定する必要もないんじゃないかなぁ~。

だし巻きがいいねぇ

ま、べつにお重で提供されても全く問題ないし。
時間指定されてもこれまた問題ないんですけどね。

さて、バイキングのメニュー。
ビュッフェのラインナップは。

充実のパン

朝食ですからね。
焼き魚がまず欲しい。
勝浦の魚は何かなぁ~?

いらぎってなに?

いらぎの干物ですって。
なにそれ?

さつま揚げの上がいらぎ

見たところ味醂干ししのようで。
食べてみればやっぱり少し甘い味付け。
うん、うまいねぇ。

でもどこかで食べたことのある味だねぇ。

帰ってからいらぎを調べてみれば。

サメなんだって。

サメの味醂干し。
てことは、さめのたれと同じようなモンってことだね。
どうりで食べ覚えがあるわけだ。

おつまみに最適なんだけど。
ご飯にもいいね。

半熟具合がイイよね

朝食バイキングの定番。
スクランブルエッグはモチロンあります。

そして、これも定番のソーセージ。
ブロッコリーやカリフラワーと一緒にボイルでの提供。

パリッと感が増します

ベーコンもスモーキーでおいしい。

人気のベーコン

朝からお刺身もあります。
そりゃですわな。
南紀勝浦ですから。

角切りのマグロ

サイコロ状にカットされての提供。
今朝もおいしいマグロだねぇ。

マグロは二つもらってきた

昨晩もあった実演コーナー。
朝は、オムレツを焼いてくれます。

その場で焼いてもらう

ねぎとベーコンのオムレツ。
お重のだし巻き卵と、スクランブルエッグを食べてるのに。
さらに玉子を食べますねぇ。

内側の半熟具合がイイ

玉子といえば。
温泉卵もあります。

だって那智勝浦温泉だもん。
そりゃ温泉卵を出しますわな。

知らないけど。

白飯に穴をあけてからの投入

例のごとく。
ご飯に温泉卵をオン。

温泉卵かけごはんでいただきます。
うまいよねぇ~。

With海苔で、おいしさ倍増。

これだ~

にもかかわらず。
今度は生卵で。
正統派卵かけごほんも食べます。

生卵もあきらめない

だって、最近は生卵出す宿が少ないんだもん。
きんぴらとか、和のおかずと卵かけごほん。

これだっ!

避けて通れないわぁ~。

和のおかずとベストマッチ

味噌汁は餅入りでした。
お正月だからかしらん?

味噌の雑煮ってこと?

朝っぼくジュースなんかも飲みたくなりまして。
ゆずネードなんていうのをいただけば。

フレッシュジュースもうれしい

今朝もたっぷり満足の朝食となったのでした。

じゃらんnet提供
ホテル浦島は朝食バイキングも充実

みみさん、南紀那智勝浦温泉ホテル浦島に行く旅行記:目次

☆ ←#5 ホテル浦島夕食は伊勢海老セミバイキングに戻る
☆ #7 旅の締めもとれとれ市場の海鮮ランチに続く→




0 件のコメント :

コメントを投稿