2018年5月2日水曜日

#3 気を使ってもらった彩花亭の部屋夕食は海鮮:伊勢鳥羽の旅



1、部屋で夕食
2、伊勢海老とアワビのプラン
3、貝の代わりに



今日の日中。
外宮、倭姫宮、月讀宮、内宮と参拝して。

さらに、おはらい町おかげ横丁をたっぷり散策しましたので。
彩花亭チェックインしたのは、あたしたちとしてはけっこう遅め。

部屋に案内されてすぐに大浴場でお湯につかって。
やれやれすればすぐに夕食の時間。

いつもは、まだかな~腹減ったなあ~。
と、夕食が待ち遠しいんですが。

今日は待ち無しで夕飯開始。

お風呂上りの髪の毛を乾かす時間もなく。
仲居さんが、料理を運んでくれました。

今夜のラインナップ

さっとタオルで拭けば、髪の毛は乾くけど。


鳥羽ですから。
シーフードが今夜のお料理。

新鮮な地の魚が提供されます。

なんといっても刺身だね。
大きな桶にどど~んと、刺身群。

海の宿はこれだっ!

今回の宿泊プラン、伊勢海老とアワビのをオーダー。
ですから、伊勢海老いますね。
モチロン、アワビも鎮座。

伊勢エビ好きだねぇ。

ホテル浦島の時も、バイキングだけで充実なのに。
伊勢えび追加注文するぐらいだもんねぇ。

デカい割に食べる部分少ないのに。

これが好きだ~

だっておいしいんだもんねぇ。

半透明の甘い身がイイよねぇ。

そして、プランの双璧をなす飽。
コリコリの歯ごたえ。
なんといっても、アワビは貝っぽい味がしないのかイィ。

ワサビがキタ~

桶の中の刺身。
他には、鯛やマグロやイカがいます。
刺身うめ~。

タイの刺身

海の宿はこれがうれしいよね~。

そして彩花亭の目玉のもう一つ。

鯛の塩焼き、丸ごと一匹。
二人で食べるのに適度な大きさ。
このサイズだと脂がのってていいよね。

二人で一匹ね

焼きたてというわけにはいかないだろうけど。
まだ温かくて、ふっくら肉厚で食べごたえあります。
酢醤油でいただけば さっぱり感もプラス。

主役級の料理以外の、わきを固める料理群もたっぷりラインナップ。

細かい料理

先付っていうんですか?
最初に出てくる、お皿に相乗りした一口サイズの料理。

なんか、ソラマメがピンクのコーティング。
春ねぇ。

手が込んでます

カボチャとタコと里芋の串とか。
中華クラゲは、旅館ではちょっと珍しいねぇ。

さらに、モズク酢。
タコのカルパッチョ。

モズクの巣がうれしい

酢を使った味付けは、一日遊んで疲れた体においしい。
クエン酸を欲しているんだろうねぇ。
知らないけど。

タコの歯ごたえ

エビのグラタンもありまして。
ちょっと毛色が違うホワイトソースの洋風味がアクセントになります。

洋風もありがたい

こういったグラタン系、カニの甲羅を器に使うことが多いですが。
エビグラタンなので蟹ではなく。

アワビの殻

アワビが使われてました。
エビの穀では安定が悪いもんね。

彩花亭。
鳥羽のちょっと先の立地ですから。

アレが料理に出るんじゃないかと心配してまして。

チェックインの時に聞きました。
「夕食にカキフライは出ますか?」
そしたら、揚げ物としてカキフライが出ますって。

貝は苦手なんで、無くていいですと辞退すれば。
代わりのモノを出してくれるそうで。
揚げ物なくてもよかったのに、すまないなぁ。

そしたら、さらに。
釜めしはアサリなんですが大丈夫ですか?と。

アサリもアレなんで。
抜いてもらいました。

野菜の釜めしになりますけどいいですか?って。
そりゃ確認するわなぁ。
何じゃこりゃ~?
言われたないもんねぇ。

これで貝を残す心配はなくなったんですが。
テーブルに置かれた料理のラインナップに。

こ、これは~っ!

貝三種焼きが~。
中には、ホタテとサザエとムール貝。
蒸し焼きのかなり力の入った料理。

アサリより貝感が高いが~。

焼きあがった貝三種

フロントのスタッフ。
この客にこれ以上貝の情報を与えると、変えてくれ言うにきまっとるで。
献立が滅茶苦茶になってまうで、貝三種のことは黙っとこ。

きっとそう思ったで内緒にしとったに違いない。

カキフライの代打

でもね、カキフライの代わりに出してもらったイワシの揚げたの。
アラレっぽいのか表面にまぶしてあって、
サクサク。

これは良かった

そして、少し甘い味付けのイワシがおーいしかったわぁ。
気を使ってもらってありがたいわぁ。

山菜釜めし?

釜めしはやっぱり野菜だけだったので。
刺身の鯛を二きれほど投入。
勝手に鯛釜飯。

鯛の身入れました

おこげが旨い。

プリンでも卵豆腐でもない

さらに熱々茶碗蒸しとか。
デザートの抹茶わらびとフルーツをいただき。

デザート

やはり今夜もお腹いっぱいの旅館食となったのでした。

じゃらんnet提供
貝好きにはたまらない彩花亭の夕食

みみさんが伊勢神宮の参拝して鳥羽に泊まる旅行記:目次

☆ ←#2 鳥羽の宿は安楽島地区頂上の眺めが彩花亭に戻る
☆ #4 湯気の朝食は煮魚と湯豆腐が彩花亭の部屋食に続く→




0 件のコメント :

コメントを投稿