2017年10月11日水曜日

里の菓茶房/恵那:川上屋の栗一筋はスイーツ麺類:グルメレポート





1、さらに栗スイーツ
2、恵那川上屋本店
3、栗一筋


朝、すやで栗白玉を食べまして。
その後、銀の森のイタリアンバイキング

お腹いっぱい大満足です。

銀の森の売店や、お菓子屋さんをざっと見て。

帰りましょう。

事を駐車場から出して。
ちょっと進めば。

おやぁ?

さっきは大行列だったのに今は少なめ

来るときに通ったお菓子屋さん。
イートインで行列してるのが車窓から見えたけど。

今の行列はかなり短いねぇ。

時間もあることですし。
ちょっと見ていきますか?


恵那川上屋。
その本店が銀の森の近くにありまして。

大きな看板と広い駐車場

中津川の川上屋とは違うらしい。

中津川の二大栗きんとん屋さん。
すや、と川上屋
それに対して。

恵那川上屋と。
恵那すや、があるのかややこしくて面白いねぇ。

中津川の川上屋は、取り扱いが和菓子のみらしいんですが。

恵那川上屋。
栗きんとんはモチロン。
洋菓子も取り扱っている、総合菓子店。

あたしが立ち寄ったのが。
本店でして。

もちろん甘味ばかり

喫茶コーナーつていうかイートインコーナーがあります。
あたしたちの目当てはそこ。

待ちが少なくてうれしい

少なめの行列の最後尾に並びます。


屋内に席がありますが。
満席だったので。

注文は店内カウンターで

外のテーブルでいただきます。
初秋の空気が気持ちいい。

ソフトクリーム押しか?

この恵那川上屋であたしが注文したのは。

栗一筋。

なにそれ~?
すごいネーミングだねぇ。

そしてそのフォルムは。

アイスティーと栗一筋

麺類?
汁無し坦々麺?

一筋っていうか。
いく筋もありますがね~。

カウンターで出番を待つ栗一筋群

いわゆるモンブランケーキの大きいヤツでしょうと。
栗麺の内部はクリームでしょうと。

マロングラッセ乗ってます

フォークを差し込めば。
栗を過ぎたあたりで硬いものにぶつかった。

おやぁ?これは妙だぞ。

と思いながらも。
まずは栗麺の部分を食べます。

ふわっと

普通のモンブランの栗麺よりも粉っほい食感。
そして、控えめな上品な甘さ。

内部には生クリーム

むむっ!
これはどうやら、栗きんとんのようですな。

和栗の落ち着いた味と香りがいいっ!

和栗かどうか知らないけど。

そして硬い焼きメレンゲが最内側に

そして内部の固い部分。
焼メレンゲだそうで。
栗麺やクリームのやわらかさと、焼メレンゲのサクサク感の対比が面白い。

栗好きにはたまらんね

ま、でも。
朝から食べすぎてるおなか具合ですから。

一人一つは食べられなかったですねぇ。





0 件のコメント :

コメントを投稿