2015年5月12日火曜日

#05 別府温泉血の池地獄・龍巻地獄:九州 大分・熊本の旅




1、二か所目の観光地地獄
2、血の池地獄
3、龍巻地獄



九州の旅。
大分臼杵磨崖仏一か所目の観光をしまして。

次は別府。

大分の超有名観光スポットですね。

地獄めぐりが見どころですとか。

臼杵のインターから、東九州自動車道。
大分自動車道を通って、別府インターで降ります。

インターから2キロほどで地獄ですから。
看板の案内通りに行けば迷わないでしょう。

別府の地獄は8か所ありまして。

血の池地獄。
龍巻地獄。
海地獄。
鬼坊主地獄。
山地獄。
かまど地獄。
鬼山地獄。
白池地獄。

このうち血の池と龍巻地獄は、他の地獄と離れています。
二、三キロぐらいかな。

そのほかの6地獄は、かたまってありますので。
一か所に車を停めれば、歩いて回ることができます。

そりゃ八地獄、コンプリートしたいよね。

八地獄はそれぞれ入場料が必要です。
いずれも400円。

だけど、8ヶ所全部入場できる共通観覧券がありまして。
2100円。
お得ね。

全部行く予定なら迷わず共通券。
6か所以上行くにしても共通券がお得。。

血の池と龍巻はちょっと離れているから。
それ以外だけに行きましょう、という人にもおすすめだわ。

どの地獄でも共通券を買うことができます。


というわけで。
まずは離れている血の池地獄に行くことにしました。

ホオズキではない

別府インターを降りて。
別府の街中っぽいところ。
地獄の文字が書いてある看板がいたるところに有る場所を過ぎて。

県道218号線を北方面へ。

すると右手に血の池地獄があります。

結構広い駐車場がありまして。
無料なのがうれしい。

あたしたちは、血の池が最初の地獄なので。
ここで共通券を買いました。

観光地に有りがちのレイアウト。
おみやげ屋さんを通らせてから、血の池へ。

血の池だ

この地獄は国指定の名勝になっています。

池からはね。
湯気が立ちのぼっていまして。

赤い池

赤い色の水。
って言うかお湯だろうけどね。

血の池だねぇ。

獄卒に捕まるみみさん

酸化鉄や酸化マグネシウムを含んだ泥のため。
こんな赤い色になっているんだそうです。

池を上から眺められます

池を正面から見るだけでなく。
背後の少し高い位置から眺める血の池もおすすめ。


この龍巻地獄は、血の池地獄からすぐ近く。


100メートルぐらいの距離。

車は、血の池に停めたまま歩いて行くのが便利。

入り口で、共通券を見せれば。
龍巻の分を切り取られます。

中に入れば。
特に地獄っぽくは無いね。

つつじがきれいでむしろ天国

この龍巻地獄。
いわゆる間欠泉でして。

30~40分間隔で噴出します。
噴出時間は6~10分間。

ですけど。

ただの石垣

噴き出ていない時はただの石垣。
と水たまり。

石垣の下部の水

時間に余裕のある旅ならいいですが。
急いでいて、噴出している時間に龍巻地獄に来ることができないと。
なんの感動もありませんがね。

ここも国指定の名勝ですが。
噴き出ていないのは名勝ではないでしょうねぇ。

噴出する龍巻

血の池の受付で、スタッフの方が龍巻の時間を教えてくれます。
「いま終わったところだから、次は20分ぐらい後だねぇ」
とか。

だから、血の池で時間調整するのがよいかと。

龍巻とみみさん

なんでもこのお湯。
30メートルぐらい吹きあがるらしいんですが。

けっこう長い時間噴き出してます

石で囲われているため、フル噴出する姿は見られませんがね。
それは、観光用ということですから。

熱いんだろうねぇ

しゃぶしゃぶを作ることは禁止されていませんが。

柵があって肉がお湯まで届かない。

☆ ←#04 臼杵磨崖仏は想像を越えていたに戻る
☆ #06 別府は清海荘で大分ご当地グルメ三昧に続く→

☆ みみさん、九州 大分・熊本に行く旅行記:目次 ☆





0 件のコメント :

コメントを投稿