2017年11月14日火曜日

山口屋/伊勢市:神宮参拝後に全部乗せ伊勢うどん:グルメレポート




1、内宮参拝して直会
2、伊勢うどん難民
3、山口屋で全部乗せ



倭姫宮月読宮の参拝後。
皇大神宮に参拝しました。
内宮ね。

内宮はとてもたくさんの人が参拝に来てまして。
いわゆる、ごった返し。

静かな森の中でゆっくり参拝できた倭姫宮や月讀宮と大違いだったねぇ。

そんな状態でしたので。
ご朱印をいただきたかったけど。
大行列してまして。
ご朱印はあきらめて境内を後にしました。

予定の参拝を全て済ませましたら。
おはらい町、おかげ横丁で遊びますわな。
食べ歩きとか。
それも伊勢参りの楽しみの一つですからねぇ。

だがやっぱり。
おはらい町は激混み。

朝ごほんは、コンビニのおにぎり一つだけで。
参拝と、神社間の移動でたっぷり歩いて。
既にお昼もまわった時間になってたので。
おなかがペコペコ。

でも、飲食店は軒並み大行列。

腹減ったが~。

食べ歩き用の串モンとかはありますけど。
座って食べたいがね。

おはらい町を北上すれば。
白鷹さんがあるねぇ。
店内では数人の立ち飲み客。

これは素通りするわけにはイカンがな。

グイっといきました

というわけど、すきっ腹に日本酒がキク~。
塩で五勺の冷酒を流し込みます。

座って食事がしたいはずなのに。
立って飲むとは。

その後、おかげ横丁の若松屋さんが珍しく並んでなかったので。
きくらげのさつま揚げを1枚揚げてもらって。
もう名古屋に帰りましょう。
食事は宇治山田の駅のすいてそうな店で食べましょう。

ということで、バス停に向かうためにおはらい町を南下すると。

伊勢萬さん、あるねぇ。

飲んでばっかり~

せっかくなので、もう一軒寄りました。
味わいの違うお酒がいいねぇ。



実はね。
おはらい町界隈が激混みなのは想定内でして。

だって3連休の初日の快晴だもん。

だから、昼食は宇治山田の駅で食べる予定をしてたんです。
伊勢の街に詳しい人に、おすすめのお店を紹介してもらってまして。

ま、その人が言うには。
伊勢シミンはお店で食べるのではなく、スーパーで買った伊勢うどんを食べるらしいけど。

内宮からのバスで宇治山田に行き。
200メートルほど歩いて店の前に行けば。
行列してなくてすぐに入れそう。

店の前に立てば。

休みだと~。

なんてついてないんだ

5連休。
それはいいけど 一般の人の連休初日にかけて休むとは。

もう一軒、教えてもらってる店はありますが。
それは伊勢市駅で。
宇治山田駅の隣。

広域鉄道の駅間ですから。
歩くのはつらいわなぁ。
かといって、近鉄に乗っていくのもなんだし。

仕方ないので、ネットで近くの伊勢うどん屋さんを調べて。
さらに駅から遠く離れた場所にある店に行けば。

ここも休みだった。

途方にくれまして。
なんとなくグーグルマップを見てみれば。

今いるところ、宇治山田駅と伊勢市駅の中間くらいだねぇ。
駅間、近いんだねぇ。

ということで。
おしえてもらった伊勢うどん屋さん。

ここだここだ

山口屋。

営業してました~。


お昼もだいぶ過ぎたころに。
参道から離れた人通りの少ない場所ですから。

待ち用の名前シートが店前に有りましたが。
誰も並んでいなくて。
すぐに座れそうな雰囲気。

暖簾が出てますから

店内に入れば。
満席~。
こりゃすごい。

サイン色紙がいっぱいの人気店

外でしばらく待ってからの入店。

伊勢うどんだけではない

さて何にしますか?
伊勢うどんは決定してますが。
トッピングに悩みまして。

これも気になる

発見したのが、ごちゃ伊勢うどん。

おおコレかなぁ

エビ天、肉、アゲ、麩。
全部乗ってます。

だからもう、す伊勢うどんの倍以上のお値段。
でもせっかくだからな。
注文しました。

麺は有るかいな?

やってきたごちゃ。
これは伊勢うどんじゃないかもなぁ。
だって、麺が見えないんだもん。

うどんでなく、ご飯がトッピングの下に敷いてあるかもしれん。

よく混ぜてお召し上がりください、と言われ。
よく混ぜれば、黒い醤油で染まったうどんがコンニチワ。

このくたくた麺が伊勢うどんだっ!

独特のふやふや食感の麺をすすれば。
お、ちょっと辛めの醤油だねぇ。

えび天好きだ

エビ天は揚げたてでうまい。
二本もついてる。

おいし~

そして、きざんだアゲと麩。

刻みアゲ

全部しょうゆを吸う食材だが~。
塩分~。

醤油しみしみのアゲ

しょうゆを吸っておいしさ倍増なんですけどね。

えび天もしゅんでる

あまりしょうゆを吸わないトッピングは肉。

濃くはない味付け

肉うどんのように甘辛いかと思えば。
控えめな味付けで。
伊勢うどんを邪魔しない。

醤油で染まった麺

たっぷり醤油をからめれば、控えめでなくなりますけど。
うどんと同じ味付けの醤油ですから違和感なし。

帰るころにはお客もまばら

おなかをぺこぺこに空かせてやっとたどり着いた伊勢うどん。
おいしいお店でいただけてよかったわ。






0 件のコメント :

コメントを投稿