2014年6月19日木曜日

寒狭川の意外な弱点を発見した今年初の鮎友釣り




1、外道
2、ようやく本命
3、寒狭川の弱点



小さめのオトリですから。
なるべくストレスをかけないよう注意して。
素早く鼻カン、逆バリをセット。

流れに送り込みます。
しばらくは、オトリの気の向くままに任せて。

オトリ任せ

そんなに直ぐに掛かるようなラッキーなことはなく。
ポイントを少しずつ変えていると。
目印にあやしい動き。

けっこうはやめに来たね。
やったね~。

真剣なみみさん

抜きあげて、たもの中に入った魚を見ると。

なんかモヨウが違う~。

ハンミョウみたいなモヨウ。

小振りなアマゴ

アマゴだねぇ。
小振りだ。

オトリが弱るがね~。

アマゴをオトリにしても鮎はかかるんでしょうかねぇ?

その後も、アマゴを一匹追加するも。
本命の鮎はさっぱり。

入漁券チェックのおじさんがやってきましたので。
他はどうですか?
って聞いてみましても。
どこもダメのようです。

1,2匹ぐらいだそうです。

そうかぁ。
他の人が釣れないんじゃね。
あたしが釣れるはずがない。

今日の釣果はアマゴ二匹かぁ。
なんて思ってたら。

おじさんが。
「もう少し川の中心の、あそこはやってみた?
聞かれましたから。
「先に入ってた人が駄目だったんだわね」
すると。
「人が変わると釣れるかも知れんで。
 入れてみて」
言うんです。

そんな思い通りのところにオトリを入れられるような腕があるなら。
もっと今頃はいっぱい釣れれるわねぇ。


どうもこの日は、そんな嫌な予感でしたが。

まーねー。
今年初めてだし。
小手調べですから。

なんて言い訳しながら。
少し場所を移動しました。

深めで、流れの緩やかな所。

場所移動した

オトリも交換して。
元気に泳いでもらいました。

すると、ちょっとそこに変化のあるところで。
目印に変化と竿になんか違和感。

ん?

ゆっくり浮かせてみると。

最初の本命

付いてるがね~。

かかった鮎が小さいので。
目印が飛ぶこともなく。
何となくヘンだなぁ?
っていうアタリ。

キャッチ

その後も、そこのポイントで4匹ほど追加しました。
サイズも徐々に大きくはなってきましたが。

ぼつぼつと

それでも、ガツンとくるようなアタリは無く。

アングルが悪いね

何となくかかっちゃった。
っていうのばっかりでした。


あたしはね。
釣りをしてるのも好きだが。

一日外で遊んで。
お家帰ってお風呂に入って。

ビールを飲むのが大好き。
だもんですから、15時には納竿。

小さいのばかり

本来なら釣った魚を肴にしたいところですが。
なにぶんにも小さいアユばっかり。
アマゴもまた小さい。

塩焼きにしても、食べるところがなさそう。

だもんですから。
まあなんだ。
全部リリースしてきました。

あたしみたいに、釣りに出かけてもほとんど釣れない人や。
今回みたいにリリースしちゃう人には。

寒狭川よりも名倉川のほうがよさそうです。

だって、帰りの道中に、道の駅どんぐりの里いなぶがあるもん。
夜の肴用に、野菜とか山の幸が買えるもん。
百年草の肉加工品はすごいおいしいしな。

波平さんか?

なのに寒狭川は、ず~っと山道で。
途中に何にもないの。


百年草に行けなくもないが。
少し戻らなきゃいけないのは、ちょっと面倒だからなぁ。

☆ 寒狭川が釣れるらしいので今年初の鮎友釣に行ってきた





0 件のコメント :

コメントを投稿