2019年7月30日火曜日

アパホテル/幕張:基本に忠実ホテル朝食バイキング:グルメレポート





1、朝食に遅刻
2、朝食バイキング
3、東京見物


アパホテル東京ベイ幕張 はもちろん朝食付きのプラン。
6時半からのオープンです。

だけど朝起きてみれば。
もう過ぎてるが~。

そんなに夜更かししたわけでもないし。
飲み過ぎたっていうわけでもないのに。

なぜだ?

エレベータに飛び乗って一階へ

ササッと準備して朝食会場へ急ぎます。
会場は一階。

おいしい食事で一日を始めよう

ひょっとしたら待たされるかと思いましたが。
何とか探せば席は空いていまして。
着席したら朝食開始。


朝食バイキングですから。
おなじみのメニューはあります。

残り少ないってのは珍しい

ハムソーセージ
そしてここのポテトはハッシュポテト。

いつもなら保温トレーにたっぷりスタンバイした風景を見ますが。
今朝は出遅れたので隙間が目立つ盛り付け。

ソーセージはかなりおいしかった。

ここのソーセージはおいしい

ベーコンは普通によく見る姿のヤツはありますが。
その他に、クリスピーってのもありました。

手前がクリスピー

見た目が少し縮れて。
しっかり火を通した風には見えますが。
クリスピーってほどカリカリではありませんでしたけどね。

そして朝食バイキングで必ずあるスクランブルエッグ。
ココでももちろんありますよ。

卵料理群

玉子料理は他にもありまして。
オムレツ、目玉焼きは実演販売。

さらには温泉卵もあります。

和食群

和食系は焼き魚。
メヌケの西京焼きとマスの塩焼き。
西京焼きの味付けは好きだねぇ。

こっちも和食

他の和食は、メインディッシュっほいものよりも副菜系が多くあります。
ご当地料理らしいのでいんげんの胡麻和えをいただきました。

千葉の料理

ご当地系の目玉っぽい位置にあるのが。
アサリご飯。

サリーがいっぱい入ってます

ん~、せっかくのご当地だけどアサリは要らんわぁ。

昨晩の部屋飲みのせいでそんなにおなかはすいてない感じだったんです。
でも食べ始めたらなんかスイッチ入っちゃったみたいですわ。
ご飯がおいしいねぇ。

ファーストチョイス

ご飯のお供。
昆布の佃煮海苔の佃煮で白飯はいただきますわ。

インゲンはご当地

味噌汁豚汁があればやっぱり豚汁を選ぶよね。
具だくさんなのがうれしい。
里芋がおいしかったわ。

刻み海苔を乗せてみた

そして温泉卵があればいつものヤツをやると思うでしょ。
温泉卵かけごはん。

今朝は違うもんね。
だってシラスがあったもん。

これだ~

勝手にシラス丼。
そこに温玉乗せ。

温泉卵かけご飯とさほど変わらんがな。

これが好きだ~

やはり味付け海苔でいただけば。
これはやめられませんなぁ。

小麦コーナー

なぜかうどんもありまして。
せっかくなので一ついただきました。

トッピングはお好みで

海苔天かすショウガゴマをトッピング。
さらに温泉卵も行きたいところですが。
さすがに玉子食べすぎだわぁ。
ということで温玉トッピングは無し。

一皿分のうどんの量が少ないので温玉乗せたらバランス悪いしな。


おいしく朝食を食べ終えたら。
チェックアウトして幕張を後にします。

今回は幕張メッセにライブを見に行くっていう目的ですから。
もうどこにも寄ることなく帰ってもいいんですが。
せっかくなので東京で少し遊んでいきましょう。

どこで遊びましょうかと悩んで決めたのは。

上野。

またか~。
東京に来るたんびに上野行くよね。

ま、好きだからね。

だけど今回行ったのは上野動物園。
東京見物の王道。

パンダ見に?

パンダも見れたらいいけと
目的はハシビロコウ
なんか見てみたいねってことで見せてもらいました。

首の角度がかわいい

けっこう動くんだね。

見られてよかったね

そりゃせっかく来たんですから。
ハシビロコウ以外も見ます。

入場した時にはパンダを見るのに70分待ちって案内があり。
そりゃまぁそこまでして見なくてもいいわぁ

で、園内一通り他の動物をじっくり見学した後。
出口に向かえば。

パンダ待ちは20分に減ってる~。

見えたねぇ

それなら見せてもらいましょうと。
並んでパンダ見てきました。

グタッとくつろぐパンダ

タップリ国内を歩き回ったので。
行きたかったアメ横二木の菓子には連れてってもらえず。

上野駅から東京駅へと戻り名古屋へ帰って行ったのでした。

じゃらんnet提供
朝食もアパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>で




2019年7月21日日曜日

さつま鶏丸/幕張:千葉で食べるさつま知覧の鶏料理:グルメレポート





1、幕張の街で夕食
2、さつま鶏丸
3、鶏だらけ


幕張のアパホテル にチェックインして。
ピザとか食べて少し休憩したら幕張メッセでライブ鑑賞。

夕方からの開催なので終わったのが20時ちょっと前。

そりゃまだ夜はたっぷりありますから。
夕ご飯を食べに行きますわなぁ。

幕張メッセの周りには飲食店はなさそうですが。
駅までにちょっと歩けばたくさんあるねぇ。

海浜幕張の街は古い町の伝統とかあるわけじゃ無いっぽいので。
だから老舗の店とか、幕張ご当地グルメの店とかはなさそう。

でも、ビルにはたっぷり飲食店が入ってて。
難民になることは無いので安心。

そんな感じなので。
あたしたちは駅をはさんでホテルの反対側に出れば
お好みの料理が選び放題だったわけです。


ご当地料理好きなあたしですが。
今夜のはそういうわけでご当地にはこだわらず。

駅前のビルに入っていました

選んだお店は鶏料理屋さん。

さつま鶏丸。
鶏料理居酒屋さん。

さつまって言ってるくらいですから。
薩摩の地鶏。
さつま知覧どりっていうのを使っているらしい。

混雑していない店内

土曜の夜ですから。
もしかしたら混んでるかなとちょっと気になってましたが。
けっこう余裕がありました。

これがお通し

席に着けばお通しがなんと茶わん蒸し。
これは珍しい。

茶わん蒸しだね

店側としては蒸し器に入れとけはいいし。
客側としてはちょっとしたお得感があるので茶わん蒸しはイイよね。

六月はこれだっ!

そしてメニューを見せてもらって。
おすすめの料理がありましたのでそれはいただきます。

人気№1だもん

ももの炭火焼き。

高松で食べた骨付き鶏とは違います。
一口大にカットされたモモ肉を網で焼いたのらしい。

イカ墨関連ではない

ジュージュー音を立てながら鉄板に乗ってやってきたのは。

ナンじゃこりゃぁ~。

真っ黒だが~。
炭火焼だそうで、煤らしいもので表面が真っ黒。

黒くて背景に溶け込んで

一見硬そうですよね。
一つつまんで食べてみれば。
やっぱりちょっと硬め。

そして見た目通りのスモーキーな香り。

硬めだけど不快な硬さではなく。
噛むと鶏の肉汁がジュワっとお口に広がっていい。
さらにそこに煙の香りが香ばしさを加えます。

さすがおすすめメニューだけありますねぇ。

野菜メニュー

さっぱりしたサラダ系もやっぱり欲しいわけでして。
鶏ハムのシーザーサラダを注文しました。

高松のなつで、鶏生ハムのシーザーサラダがおいしかったので。
一文字違いのこれもおいしかろうと頼んでみたのです。

サラダチキンということか?

そりゃもちろん鶏生ハムとはちょっと違いますけどね。
生ハムよりずっと厚切りなんですもん。

でも、もも焼きよりははるかにやわらかくて。
シーザードレッシングに合うね。

す~んして食べます

そしてシーザーサラダですから温玉乗せ。
ちょっと硬めの温玉ではありますが。
鶏肉と一緒に一皿にあれば。
さしずめ親子シーザーサラダと言ったところでしょうか?


その他に注文したものと言えば。

せせりの灸り。

なんか最近、焼肉屋さんに行くとせせりを注文するのよね。
前は牛肉ばかりひたすら食べてましたが。
セセリのおいしさに目覚めて。

だもんですから注文しました。
するとやってきたのは。

器が違うけどね

もも焼きと同じルックスだが~。
部位が違うから少し形が違うだけで。
真っ黒だ~。

でも、硬くはなくてね。
いい弾力でおいしい。

揚げ物メニュー

揚げ物も一つぐらいはあった方がイイよね。
鶏の揚げ物と言えば 鶏の唐揚げですけどね。
ビールとかハイボールとかによく合うもんね。

これのために選ぶのです

でもここはあえて外してみました。

チキン南蛮。

お~宮崎だぁ。
さつまの隣。

マヨネーズかけ

でも、知ってるチキン南蛮とはちょっと違ったね。
唐揚げに甘めのソースをかけて。
さらにマヨネーズも。

だがこれがう~まい

一般的にはタルタルソースなんですよね。

この甘いタレがいいねぇ。
味が濃いからやっぱりお酒に合うしね。

焼き物と揚げ物とくれば。
他には生ものですよね。

これ食べます

せっかく新鮮な鶏を出してくれるお店なので。
生っほい鶏をいただきましょう。

半生の鶏がおいしそう

鶏タタキのガーリックオイルがけ。

ユッケやなめろうもある

普通の鶏タタキもあるんですが。
ちょっとひねったね。

これは油が意外なおいしさだった

醤油のしっかりした味付けかと思えば。
薄めの味付けでちょっと意外。
でも、ガーリックオイルなのでこってり感がありました。

そんな感じで幕張の夜。
鶏料理ばっかりの晩御飯となったわけでした。


さつま鶏丸はお得なクーポンもあります