2017年5月2日火曜日

#8 縁の薄い用宗港の生シラスは竹造:春の伊豆雲見旅



1、帰り道の花畑
2、昼食は用宗港の生シラス
3、竹造の駿河丼


俺の家おいしい朝食を食べたら。
チェックアウトして帰ります。

特にどこにも寄る予定はなかったんですが。
お会計の時にご主人から。

松崎の町をちょっと外れたところにお花畑があり。
見ごろだから、見てくるとよいよと。

せっかくなので。
帰り道を少し外れますけど。
寄ってみることにしました。

車を停めた雲見海岸に行けば。
牛着岩の間にうっすらと富士山が。

見えるかなぁ?

おお~。

なんか見られてよかったねぇ。

加工してみました

雲見から松崎までは10数分で到着。
花畑会場には駐車場があります。

田んぼを利用した花畑のようですが。
田植え前なのか、休耕田なのかはちょっとわかりません。

車を降りて花畑へ行けば。
思ったよりも多くの人でにぎわっています。

けっこうな人

こりゃすごい。

屋台も出てるし。
テーブルで食事をしている家族連れも見えます。
そんな大規模なイベントなんだね。
これは楽しそうだぁ。

朝食を食べたばかりだが、なんかちょっと食べてもいいなぁ。

人ではないのが混ざってる

屋台の前へ行けば。
なんと、それは人ではない方々でした。

愛想のよい店主夫妻

花畑は何種類もの花が植えられてて。
きれいに咲いていました。

そりゃもう見ごろ

道を挟んだところに、川があり。
堤防は桜並木でしたが。

まだ全く桜は咲いていず、残念。

何しろ積雪チェーン規制されるくらいの気候だからな。


雲見を朝出発すれば。
沼津あたりでお昼時となりますが。

来るときに、かもめ丸で海鮮丼を食べましたから。
帰りは違うところで食べます。

去年。
サクラエビを食べに行ったとき。
用宗港にも寄ったんですけど。

なんか、シラス祭りみたいなイベントの準備とかで。
どんぶりハウスは臨時休業。

生シラス丼は食べられず。

まあ、買って帰れたからいいんだけど。

その再挑戦ということで。
行ってみることにしました。

沼津から乗った東名高速道路。
静岡インターでわざわざ降りての訪問です。

インターから下道で用宗港へ。
港の中に車を侵入させれば。

おーやってるねぇ

どんぶりハウスは営業中のようだ。
何人かのお客さんが買って食べているねぇ。

よかったぁ。
しかもそんなに混雑していないようだし。

車を降りて、どんぶりハウスの前に行けば。
なんとっ!

「本日しらす漁が出漁しないため、生しらすはありません。」

なぜだ~?

なんだとーっ!
わざわざやってきたのに~。

昨日の沼津では生シラスを食べられたから。
海が荒れている様子ではないから。
きっと食べられると思ったのに~。


2012年にも生シラスを食べに用宗までやってきたのに。
食べられなかったのよ~。
用宗港の生シラスとは縁がないねぇ。


ま、無いモンはしょうがないので。
どんぶりハウスで、釜揚げシラスとかにするか。
あるいは別の店に行くか?

2012年にはどんぶりハウスの釜揚げシラスにして。
結構おいしかったんですけど。

せっかくなので、今回は別の店に。

港の角のところ

港の入り口近くに食事ができる店がありまして。
港から何人かその店に向かっています。

定食系やうどんラーメンも

きっと、どんぶりハウスで食べられないから。
こっちのお店に来ているんでしょう。

竹造。

釜揚げしらすもいいねぇ

券売機で食券を買うスタイルのようです。
どんぶりのラインナップを見てみれば。
生シラス丼発見。

今日は漁がないはずですが。
せっかくなので、生シラスと桜エビののったのを食べることにしました。
駿河丼。

さらに、釜揚げしらす丼も。

カウンターにはおでんがありまして。
こっちは、食券でなくて現金販売。

これも食べとく

しぞーかおでんだねぇ。
玉子とウインナーとなんか揚げの中に練り物のやつをいただきます。

だし粉をかけていただけば。
あ~こりゃいいわぁ。

紅白が鮮やか

やがて、駿河丼もできあがります。

これはかまあげ

補欠と言っちやあ失礼ですが。
おいしくお昼ご飯を頂けました。

生しらすを食べられました

これで、春の雲見海鮮地獄の旅は終了です。


☆ ←#7 細かい料理がいっぱいの俺の家朝食に戻る






0 件のコメント :

コメントを投稿