2018年6月10日日曜日

#12 大宰府参拝前はみっちゃんでとんこつ昼食:九州麺の一人旅



1、大宰府に向かう
2、福岡に入ったのなら
3、みっちゃんで腹八分目だったのか


九州の一人旅。
祐徳稲荷参拝後の観光。

次も神社系に行きます。

九州北部で神社といえば。
大宰府でしょう。

何度か行ってはいますが。
せっかく九州に来たので参拝しときたい。

そんなわけで大宰府に行くことにしたのです。

大宰府は参道が楽しいもんね。
梅ヶ枝餅も食べたい。


祐徳稲荷から大宰府まで。
90キロぐらいありまして。

2時間ぐらいかかりそうでして。
そうすると太宰府にはお昼ごはん時になりそう。

太宰府の参道で食べるっていう選択もありますが。
たぶん超満員でしょう。

かといって佐賀県内でご当地モノ。
呉豆腐とかシシリアンライスとか呼子のイカとか気にはなるけど。
ちゃんと調べていないし。

大宰府に行くコースからちょっとそれている。

そんなわけで。
なるべく大宰府の近くで。
でも近づきすぎないところで食べようということになれば

つまりそれは福岡入りっていうことですから。
だったらアレたわね。

豚骨ラーメン。

大宰府からいい感じの距離にあって評判の良いお店。

みっちゃんラーメン。

ここで今日のお昼ごはん

ここでいただくことにします。

店の前に到着してみれば。
営業していないような雰囲気でしたが。

車と店がオレンジ

広めの駐車場に車を停めて店をよく見れば。
営業中でよかった。

入店してカウンターに陣取って。

壁のお品書き

注文はモチロン豚骨ラーメン。
とくにトッピングは要らなくて。

手元にもメニューあります

そしてサイドオータもなし。
だって今夜のご飯に響くとイヤだもん。
腹八分目でおさえとくわさ。

「ラーメン一つ」って注文したら、どうしますか?言われまして。
何のことかと思えば麺の硬さなのね。

店によって硬さの段階の呼び方が微妙に違うよね。
最も硬いのをハリガネっていうところと、粉落としっていうところみたいに。

店内に説明ないかと見まわしたけどなさそうなので。
カタ麺でお願いしました。

豚骨スープが濁ってる~

やってきたラーメン。

パッと見たら、チャーシューネギきくらげしか見えなくて。
麺はスープに沈んでる。

一見、食べかけのようにも見えますね。

一口目

食べてみれば。
これだね~。

極細の麺

福岡のとんこつラーメンの極細麺。
そしてこってりしたスープ。

本場のとんこつラーメンが旨い~。
あっという間に麺を食べ終わっちゃいまして。

好きだね

まだ足らんが~。

ゴマ紅ショウガで味を変えて食べたいが~。

麺と一緒にキクラゲ

ということで。
替え玉するわな。

替え玉投入

二杯目に紅しょうがを入れてみれば
一杯目のプレーンな味とはガラッと変わって。
さっぱりまたおいしく食べられる。

朱色が鮮やか

さらに高菜で味を変えるのもいい。

高菜も投入

ショウガと高菜をブレンドすれば
比率によって無限の味の変化を楽しめますね。

あ、しまった。
腹八分目にしておくはずだったのに。

なんか満腹っぱくなってますがね。

☆ ←#11 佐賀の有徳稲荷は日本三大かどうか参拝に戻る
☆ #13 大宰府参拝のご利益は家族を大切に思う心に続く→



0 件のコメント :

コメントを投稿