2016年8月5日金曜日

タニサラ/豊田:駅前でまだタイ料理は食べられる:グルメレポート




1、消えゆく豊田のタイ料理
2、タニサラのナイスなランチメニュー
3、久々のタイ料理を満喫



豊田市に行く用事がありまして。
午前中に用件を済ませましたら、おひるごはん。

豊田市駅でランチといえば。
タイ料理。
スコンターだったんですが。

おいしいタイ料理屋さん

駅前再開発とかで。
入っていたビルは取り壊され。
残念ながら閉店。

曙にあったナムチャイも。
閉店して久しいですねえ。

ここもよいお店だったのに

スコンター。
どこかで移転営業していないかしらと。

あるいは他にタイ料理屋さんは無いかしらと。

調べてみれば、駅前にまだ一軒あるようですね。


お店の名前は。

タニサラ。

大規模立体駐車場がある商業ビル。
ここに入っています。

ヴィッツ(VITS)豊田タウン。

その駐車場に車を停めて。
店舗ゾーンに歩いて行けば。

オフィスが入ってそうなフロアレイアウトの四階。
その一角にタニサラはあります。

少しわかりにくい場所

東南アジアっぽい内装ですけど。
よく見ると、アジアのビールやお酒系のビンに混ざって。
日本酒のビンが置かれているのが楽しい。

しかも、一本二本でなく。
かなりの数の日本酒のビン。

日本酒メニューが充実

さらに漫画の単行本も充実してて。
なんかアンバランスさが楽しかった。

メニュー

席に案内されれば。
テーブルにはランチメニュー。

お得なランチセット

数種類のタイ料理が。
セットメニューになって品数豊富のお値打ち。

もちろんあたしはパッタイのセットですけどね。

その他の料理。
プーニンパッポンカリーがありまして。

このセットは注文するよね

これまたあたしの好きな料理。
ソフトシェルクラブのカレー炊め。

よく注文するんですが。
まさかそれがランチセットメニューになっているとは。

驚きだねえ。

おいしそうなタイ料理

その他、単品メニューも豊富で。

あたしの好きなパッタイ

夜、食べに来るのもいいなぁと思えます。


ランチメニューにはフリードリンクも付いてまして。

普通のお茶やジュースの他。

タイの紅茶や。
知らない名前のフルーツの飲み物などもあって。
せっかくなので、知らないフルーツのを飲んでみれば。

フルーツフレーバーの紅茶のような変わった味でした。

来ましたパッタイ

料理はすぐにやってきます。

お皿にパッタイ。
久しぶりだねえ。

そのお皿にいっしょに乗ってきたのは。

こりゃなんだぁ?

無人島?

丸い揚げ物が二段。
その中央をネギのような緑の野菜が貫いて。

その緑を食べてみれば。
ネギの味だねえ。

ネギだった

揚げ物は、エビのすり身揚げで。
揚げてから、わざわざネギで穴をあけたのかと思いきや。

最初からドーナツ状の穴あき揚げ物なのね。

メインディッシュのパッタイ。
見た目は濃い色をしていましたが。
それほど濃いわけではなく。

麺が少なめ

干しエビやピーナッツの香ばしさがうれしい。

さらに付け合せは、生春巻きとスープ。

ワカメと玉子のスープ

春巻きはあっさりしてます。

ピーナッツが香ばしい

そして、ブーニムパッポンカリー。

野菜もたっぷり

これまた濃そうな色ですが。
見た目通り濃いんです。

ソフトシェルクラブはその名の通り。
とても柔らかく。
蟹の殻感はあまりありません。

蟹の風味が強いカレー

でも、蟹の風味はいっぱい。

そしてその蟹の出汁っていうんですか?
風味がカレーや野菜に。

ご飯と食べるとおいしい~。

付け合せに、生春巻きはパッタイと一緒ですが。
エビのすり身揚げではなく、ヤムウンセン。

春雨サラダ

セットによって付け合せが違うのはうれしいよね。
いろんな料理が楽しめるからね。

おいしくいただけました

おいしいタイ料理屋さん。
ぜひとも末永く営業しててほしいもんですなあ。





0 件のコメント :

コメントを投稿