2017年7月30日日曜日

#04 三回でも飽きないJALシティの朝食:古宇利と座間味の沖縄




1、二極類のローテーション
2、日替わりメニュー
3、そして毎朝食べすぎる


毎年の沖縄の旅。
JALシティ那覇 が定宿でして。

朝食会場も勝手知ったる。
一階、ボナぺティ。

すでに待ってたりする

会場に入れば。
いつもと同じのレイアウト。

各種のお料理

朝食バイキングとしては珍しく。
焼いたベーコンとボイルのソーセージがないのよね。

サラダ

去年は朝食の目玉として、日替わり手作りソーセージでしたが。
今回はありません。

グルクン

各料理は二日のローテーションのようで。
朝出の二泊三日だと気付かないけど。
夜出の三泊だと最終日の朝は最初の朝とほぼ同じ料理です。

赤魚

きちんとすり合せて見たわけではないので。
多少は違ってるかもしれんけど。


日替わりメニューのハイライトは。

エレベーター内に掲示

エッグラタトゥイユじーまーみ豆腐スフレ。
ココットでの提供です。

エッグラタトゥイユ

じーまーみ好きにはおすすめ。
普通に食べるじーまーみ豆腐と違って。
やや温かく、ソースが甘め。

これはじーまみ

実演コーナーでは玉子料理が日替わり。
目玉焼きやプレーンオムレツは毎日作ってくれますが。

緑と赤の二色

日替わりは二色のオムレツとフレンチトースト。

緑のオムレツ

二色は、ホウレンソウの緑のと。
トマトの赤のオムレツ。

赤のオムレツ

あたしは、初日に緑のを食べて。

最終日に赤のを食べました。

緑の作成途中

二日目のフレンチトースト。
あんまりフレンチトーストを食べた経験はないんだけど。
せっかくなのでいただきました。

焼けたフレンチトースト

パッションフルーツ風味だって。
軽い酸味がおいしい。

このフレンチトースト。
すでに焼きあがったのか器に置かれていますが。

混んでた朝

よそのご婦人。
焼きたてが食べたかったらしく。
実演のコックさんに、焼きあがるのを待ってますと言って。
しばらく待ってから、ご希望通りのを手に入れてました。

だけど皿をテーブルに置いてから。
違う料理を取りに行ったり。
思い出したように、フレンチトーストに生クリームやメープルをかけに行ったり。

焼きたてが台無し。

のような気がしましたが。
人の数だけフレンチトーストの食べ方あり。
ということで納得することにしました。

焼かれたりボイルされたソーセージはありませんが。
ポトフになったアグーのソーセージはありました。

煮込まれたあぐーソーセージ

野菜と一緒に煮込まれたソーセージ。
これはこれでオッケー。

普通のじーまみ豆腐もあります

基本的にあたしはコメを食べます。

白飯のところに行けば。
すぐ隣にじゅーしーがありまして。

よそっちゃった

これがねぇ。
とてもうまいの。

最初の朝

何かなあ?
コクを出してるのは豚かしら?

そしてカツオの出汁。

いいのよね。

二回目の朝

味付けのりで食べるのが好きだ。
三回の朝食全てで。
最初の一杯目ご飯はジューシーをいただきました。

最終日もじゅーしーで始まった

じゅーしー以外の沖縄料理は。
ちゃんぶるーとか。
軟骨そーきと冬瓜の煮込みとか。

これはガッツリいけます

お~いしいねぇ。

朝から軟骨そーき

そしてなぜかあるのが。
うどん。

冷たいうどんは好きだけど。
沖縄来てまでうどんか~?

トッピングに凝る

食べたんですけどね。

腰のあるうどんに。
オクラ、とろろ、温泉卵をセットして。
さらに納豆も乗せれば。

ネバネバうどんのできあがり。

いいっ!

せっかくなんで。
うどん用の温泉卵。
白飯に乗せて。

これはやらざるを得ない

おなじみ、温泉卵かけごはんもいただきました。

もずく酢

二極類のローテーションですが。
飽きることはなく。

カレーも食べたし

料理を組み合わせを変えてみたりして。
おいしく頂けば。

味噌汁で締める

やっぱり毎朝食べすぎてしまうのです。

じゃらんnet提供
朝食ビュッフェが魅力のJALシティ那覇

☆ ←#03 ジャッキーが満員で部屋飲みの夜に戻る
☆ #05 地続きの離島でゆるゆるビーチ遊びに続く→




0 件のコメント :

コメントを投稿