2017年8月7日月曜日

#07 那覇の海鮮夕食はまたしても大安丸:古宇利と座間味の沖縄




1、夕食まで
2、いつもの大安丸へ
3、刺身とバター焼きとイカの白さ


古宇利島から那覇に帰ってきまして。

水着や機材を乾かして。
夕食までまだ少し時間がありますから。

那覇の街へ出かけていきました。

買うことが決まってるお土産とか。
自分が欲しいものとか。

ササっと買って。
部屋に帰れば。

もう間もなく夕食の時間。

今夜はいつもの大安丸に行きます。
19時で予約しましたが。

電話してみたところ、早めに来てもいいよ。
ということなので出かけていきました。


JALシティ那覇 を出て。
歩いて15分ぐらいで大安丸に到着。

まだ明るい

座敷席に通してもらいます。

何度もうかがっているお店ですから。
勝手はすっかりおなじみでして。

グランドメニュー

メニューをさらっと眺めたら。
注文します。

今日のお刺身はなにかな?

刺身の盛り合わせ一人前。
ここの刺し盛り。
お値打ちだよね~。

これはお得

いつも盛り合わせには、ちぬまんを入れてもらいますが。
この日はちぬまんがなく。
ではお任せでお願いすることに。

これは外せない

そして、魚のバター焼き。

きょうのおすすめの魚は。
ミミジャー。

なにそれ?

でも、なんか他人のような気がしない名前なので。
他の魚に比べると、ちょっといいお値段でしたが。
注文しました。

他にはやっぱり、ふーチャンプルー。
マグロとアボカドのサラダをいただきます。

やってきた刺身の盛り合わせ。
魚の名前が書いてある紙が添えられていますが。


そんな名前の人知らない。

本マグロもそう書いてあるかどうか自信がない

ほとんどそんな魚ばかり。
マグロだけかな、わかるのは。

新鮮な地魚。
う~まい。

そして。
マグロとアボカドのサラダ。

やわらかいアボカドと赤身

刺身かぶりですが。
これもおいしいんで外せなくてね。

さらに、ふーチャンプルー。
これはもう、沖縄料理では食べざるを得ないですからねぇ。

これは決定の沖縄料理

食べますわな。

少し待ってから。
魚のバター焼き。
やってきました。

お~いい感じ

みみじゃー。
ヒメフエダイという一般名だそうで。

ヒメフエダイ知らないけど。

ビールがうまいぜ

タマンと同じような姿をしてます。
フエダイだからねぇ。

レモンで

でも、色は赤いらしい。
バター焼きにしちゃったら。
あんまり色はわからんけど。

いつもと同じように。
大量の、エノキバターがオン。
エノキバターには大量のニンニク。

このえのきがシャキシャキ

白身魚のアッサリ味に。
強烈なバターニンニクがいい。

おなじみの料理を一通りいただきましたら。
もうちょっとなんか欲しいねぇ。

メニューを見れば。
おすすめ料理にあるイカの天ぷら。

ころもにイカスミが混ぜてあるそうな。
ちょっと面白いので注文しました。

やってきた天ぷら。

黒つ!

真っ黒だねぇ。
スルメイカのような薄い身ではなく。
セイイカを使っているんでしょう。

太いフォルム。
バーベキュー用の炭のようだ。

まあ、イカ墨だけどな。

食べ物とは思えん

揚げたて熱々をかじってみれば

沖縄天ぷらの。
厚い衣の中に。
イカの食感。

そんなにスミ感のある味ではなく。
普通においしい、沖縄のイカ天でした。

そしてかじった断面を見てみれば。

白黒のコントラスト

イカが白っ!

そりゃイカだもん。
白いわなぁ。

だけど、表面があまりにも黒いので。
イカの白きが意外で。
けっこう驚きましたわ。

☆ ←#06 本部の昼食は島豚家の炙り三枚肉に戻る
☆ #08 JALシティ那覇で二晩目の部屋飲みに続く→




0 件のコメント :

コメントを投稿