2017年8月15日火曜日

#09 炎天下の座間味ビーチで食べる生魚:古宇利と座間味の沖縄



1、やはり座間味の海が好き
2、昼食はマギィのづけ丼
3、フェリーの復路



沖縄三日目。

JALシティ那覇 の朝食を食べたら。
準備して出発。


行き先はもちろん。

座間味島。

ホテルからタクシーで泊港北岸へ。
予約してありますから。

一年ぶりのクイーンざまみ

乗船券を買ったら高速船クイーンざまみに乗船。
50分も乗っていれば座間味島へ到着。

いつものキャビン

そして、村営バスに乗って古座間味ビーチへ。

満席です

もう何度も訪れているビーチですから。
勝手知ったる手順に滞りはなし。

座間味から那覇まで手漕ぎ帆船のイベント

ああ、今年も来れたねぇ。
気持ちの良いビーチでスノーケリング。

さぁ遊ぼう

楽しい沖縄の一日です。


午前中からタップリ海につかって遊びますと。
お腹が減りますわなぁ。

楽しいビーチ

古座間味ビーチには食事ができるところが二軒。
憩とマギィ。

どちらも同じ建物でやってます。

海の家的なお店です。

渡嘉敷畠行きの高速船が運休だからなのではないかと思いますが。
この日は古座間味ビーチがとても混んでまして。

この二軒のお店も大混雑。
お昼時だしなぁ。

だもんですから。
スナック菓子でも買って。
おなかをごまかそうかと思って入店しましたら。

たまたまいいタイミングで待ちかいなくなってたの。

ではせっかくなのでなんか作ってもらいましょう。

調理が必要なモンだと時間かかるから。
さっとできるもの。

カレーとか簡単でいいかな。

と、マギィさんところのメニューを見れば

づけ丼、発見。

しかも限定。
ご飯の上に刺身を乗せるだけだから。
すぐできるわなぁ。

できますか?と尋ねてみれば。
オッケーとのことで。
注文しました。

予想通りすぐにできあがって。
せっかくなのでビーチに戻って。
海を見ながら食べましょう。

ちょっとおいしそうでしょ

沖縄のビーチ。
強烈な炎天下で食べる生魚。

刺身はしっかりヅカっていまして。
これはうまい。

旨かったぁ

少し甘めに味付けされたタレ。
刺身のおいしさを引き立てます。

そしてそのタレがしみこんだご飯。
丼ものの醍醐味だね。

わりと簡易に。
ササっと食べるつもりだった昼食ですが。

意外としっかり食べられてうれしい。

お昼ご飯を済ませて。
午後からも楽しくスノーケリングで遊びまして。

クマノミ居ます

たっぷり沖縄のビーチを満喫。

潜るみみさん

少し早目にシャワーをします。
だって今日の古座間味ビーチ。
人がいっぱいだから。

違う種類のクマノミ

シャワーや着替えもきっと大混雑するよ。

すいているうちに済ませましょう。
ということで早めの切り上げ。

今年も沖縄の海を満喫できました

着替え終わったころには、シャワー室。
大混雑。

とくに女性用は行列までできてました。

着替えちやったら。
もうビーチには、いる場所はないので。

日陰の待合室がある港へと戻りましょう。

バスの時刻を確認すれば。
5分足らずで港行きのバスがやってきますと。

なんかいいタイミングだねぇ。

港に着けば。
帰りの高速船にはまだかなり早い時間でして。

長い待ちがあるなぁ。
と覚悟してたら。

フェリーが泊まってるねぇ。

ふぇリーざまみ。
座間味丸じゃないのね。

ひょっとしたらこれに乗れば。
クイーンざまみより早く那覇に着けるかも。

ということで、チケット売り場で聞いてみれば。
10分早く那覇に到着するとのこと。

10分かぁ。
あんまりメリット無いかなぁ。
乗船時間も長いし。

だけど、クイーンざまみより運賃が安いから。
手数料を引いた差額が返ってくるとか。

どうせ待合室で乗船と同じ時間をつぶすんだし。
冷房のきいた涼しい船内の座席だったら寝ちやえるから。

フェリー座間味で帰ることにしました。

フェリーに乗る娘さんの中に。
どうやらシャワーをあきらめたとみられる方が何人か。

湿った水着の上からシャツやスカートを着ていました。
さぞ潮水が気持ち悪かろうに。

そんな風にならなかったあたしたち。
早めのあたしの行動が功を奏したっていうことで。

☆ ←#08 JALシティ那覇で二晩目の部屋飲みに戻る
☆ ←#10 今夜もちゅらさん亭で沖縄海鮮満喫に戻る




0 件のコメント :

コメントを投稿