2018年1月7日日曜日

#1 年始の旅は熊野速玉大社参拝から始まる:南紀那智勝浦の旅



1、重い腰を上げて那智勝浦へ
2、南紀へは順調に
3、熊野速玉大社に参拝



どうも冬場はやる気が出なくていけませんが。

せっかくの年末年始のおやすみ。
うちでダラダラしていてももったいないので。
軽く旅に出かけることにしましょう。

だって、ほっておけば食べて飲んで寝てるだけだもん。
体がなまるわ。
なまるくらいならいいけど。

血液の流れが滞っていけませんやね。

そういうわけで。
出かけることにしたんですが。

年末はあんまりいい休み日程ではなかったので。
年始に出かけることにしました。

とはいえ。
そんなに長い間の旅をする休みではないですし。
なんでも寒波がやってくるかもということなので。
積雪路面の長距離走行もイヤなので。

近場で温暖な気候の南紀に行きましょう。
南紀那智勝浦温泉でゆっくりお風呂にでも入りましょう。

ということになった。


名古屋から那智勝浦だと、東名阪道から伊勢道。
そして紀勢自動車道ですわな。

東名阪道がなぁ。
四日市からいつも渋滞するよなぁ。

と思いきや。

意外にも、まったく渋滞することなく。
順調に亀山、関にたどり着き。
その先も順調に進むことができました。

紀勢自動車道ってさぁ。
いったいどこまで延びてるのか全然わからんのだわね。

紀伊長島のあたりまでは有料区間で。
その先は、一般国道42号線を走りつつ。
ところどころで、無料区間があるよね。

あたしんところのナビ。
そんなに古いわけではないと思うけど。
載ってないのよね。

ずっと42号線で案内。

ところどころで、紀勢自動車道の看板が出てるんだけど。
どこまで行くやらさっぱりわからん。

とか思いながら走っていけば。
最初の目的地。

速玉大社のみみさん

熊野速玉大社に到着したのでした。

今回の旅の目的。
那智勝浦温泉でゆっくりお風呂。

なんですけどね。
せっかく熊野那智にやってきたならば。
お参りしときたい。

朱色の柱がきれいですからね

新宮市に入ればすぐにある。
速玉大社に参拝します。

新宮市に入る手前。
新宮川を渡る橋の上から対岸の河原を見れば。
車がいっぱい停まっていまして。

速玉大社の参拝客だろうねぇ。
参拝客用の駐車場が満車だから河原の臨時駐車場に停めてるんでしょう。

でも、あたしたちはうまいこと駐車場が空きまして。
境内にすぐ入れるところに停められました。

神門脇には門松

駐車場からだと神門のすぐ横に入れますが。
せっかくなので正面の鳥居のところから入ることにしました。

速玉大社の鳥居

下馬橋を渡って、鳥居をくぐれば。
右手に手力男神社。
並んで、八咫烏神社。

八咫烏神社に参拝

熊野ですからねぇ。

なんかいい感じの境内

さらに先へ進めば。
神門の手前左にご神木。

道中安全のご神木

梛。

三千院?

竜の手水舎

そして右手には手水舎。
清めてから、神門の中へ。

この神門の先に拝殿

速玉宮にまず参拝してから。

参拝しました

御朱印をお願いして。

御朱印をいただきました

書いていただいている間に、他の神殿に参拝しました。

神門の中にあります

久しぶりの熊野詣。
なんかやってきてよかったですねぇ。

みみさん、南紀那智勝浦温泉ホテル浦島に行く旅行記:目次

☆ #2 那智勝浦のまぐろ定食が桂城での昼食に続く→




0 件のコメント :

コメントを投稿