2014年12月9日火曜日

ふくなが亭/吉良吉田:三河で食べる日本料理:グルメレポート





1、一色さかな広場
2、ランチタイムになったので
3、和食を注文
4、おいしい料理



晩秋の休日。
ちょっとお出かけ。

鰻養殖で有名な一色町。

港の近くに一色さかな広場があります。

人気スポット

なにそれ?

いわゆる観光市場ですね。

魚屋さん

建物内には、数件のお店があります。

鮮魚。

地の魚

乾物。

干物

お土産。

エビせんべい

海のものを中心としたお店。

軽く店先を見て。
軽くお買い物をして。

シャコ買った

帰ることにしました。


一色から、名古屋に帰ります。

あんまり土地勘がないもんですから。
どんなルートで帰ったらよいかよくわからない。

国道247号線を東に。
蒲郡から東名高速で帰りましょう。

ということになりました。

蒲郡方面へ、海の近くを走ってゆけば。
魚料理関係のお店があるでしょうから。

そろそろお昼ご飯の時間ですから。

しばらく247号線を走ってたら。
吉良吉田の近くでなんか気になるお店を見かけました。

日本料理、福長。

日本建築のお店

ちょっとよさそうな雰囲気だったので入ってみることにしました。

駐車場に車を停めて。
店内に入って。

入ってみた

食事がしたいことを伝えると。
お食事は隣でですって。

この福長さんは、予約制の料亭。

すぐ隣

お隣は、ふくなが亭。
同じなんですけど、予約なしで食べられるのはこっちですって。


ふくなが亭も、けっこう重厚な和風建築です。

もう完売

店内に入るといきなりのオープンキッチン。

店内へ

おいしそうに魚が焼かれていました。

どうやら、お隣と同じ厨房のようです。

焼かれる魚

これはちょっといいお値段するかもね。

心配しましたけど。

ランチメニュー

ランチメニューがあって。
そんなに高くはありませんでした。

三河湾がすぐ近の和食のお店なので。
海鮮系のメニューがメインかな?
と思ってましたが。
特にそういうわけではありませんでした。

トンカツとかエビフライとかの洋食系もあります。

店内の様子

でも、せっかくの日本料理屋さんですから。
天麩羅。

それから、やっぱり魚が食べたかったので。
煮魚。

焼き場で焼いていた魚はメニューにはありませんでした。
隣の予約の人用なのね。

煮魚の魚が何か聞くと。
キンキですって。

地方名でしょうからよくわからん。

この値段でキンメはあり得んからね。

サイン色紙

定食、というのは無くて。
単品に、ご飯とみそ汁のセットを付けます。

サラダバーもありますが。
ハンバーグチェーンとかみたいに、メインディッシュ要らんが~。
というようなのではありません、


先にやってきたのは天ぷら。

天ぷらの盛り合わせ

かごに、お上品に盛り付けられています。
エビがおいしそうだねぇ。

すぐに煮魚もやってきます。

煮魚

あ~、カサゴね。

白身がおいしいよね。
煮魚にすれば、身離れもいいし。

身離れよい

少し甘めの味付けの煮汁。

魚は小ぶりだったけど。
味付けが良いのでご飯がおいしい。

うまくてうれしいみみさん

エビ天を分けてもらいましたので。
魚の煮汁で味付けして食べてみました。

天婦羅を食べるみみさん

うまい~。

煮汁では、天麩羅を食べるのには邪道かもしれんけど。

茄子の漬物もうまかった

ころものサクサクが失われない程度に煮汁を付けて。
ご飯と一緒に食べれば。

ワカメのみそ汁

極上天丼の美味しさ。








0 件のコメント :

コメントを投稿