2016年12月24日土曜日

#02 神戸南京町の劉家荘でランチは焼鶏:有馬温泉の旅



1、南京町へ
2、劉家荘はオープン前
3、焼鶏ランチ


この有馬温泉の旅。
最初に神戸にやってきたんですが、どこで遊びましょうか?

神戸といえば異人館めぐりや。
モザイクとかの港散策
六甲山からの夜景なんかが有名ですよね。

昼だで夜景はないけどさ。

大阪鶴橋の韓国街がこの旅のひとつの目的でして。
だったら神戸では中華街に行くがバランスいいよね。

何のバランス?

神戸には有名な南京町がありますよね。

そろそろお昼時にも差し掛かるころですから。
おいしい中華料理のランチを食べることにしましよう。

ナビに任せて元町近くにやってくれば。

いくつか駐車場がありますが。
どこに停めるとお値打ちなのかわからん。

だもんですから。
南京町の一筋海側。
広い路面駐車場がありましたのでそこに停めました。

お昼に差し掛かる時間でしたが。
わりと空きがありまして。

県外ナンバーの車ばかりというのが気になりましたが。


南京町には食べ歩き中華フード店がたくさんあります。
それに、軽食チックに中華を楽しめるお店もあります。

でも、せっかくなんで。
評判のよいおいしいお店でゆったりと食べたいですよね。

そんなわけで調べましたのが

劉家荘。

鶏がいますね

りゅうかそうと読むらしい。
ネットで調べれば。
いろんなサイトで上位にランキングされてまして。
それなら行ってみたいよね。

you&i

南京町の東の入りロ。
長安門から通りに入れば。

お~原色の道だ

中華街だねぇ。
楽しそうなお店がいっばいだ。

この南京町を東西に走るメインストリート。
最初の北へ折れる細い路地に入ればあります。

劉家荘。

左に数人並んでた

うわ~。
もう行列してるが~。

最後尾に並んでみますと。
まだ営業時間前のようで。
あと10分ほど。

店の前にお昼のメニュー

この並び具合なら第一陣で着席することができるでしょう。
席数、知らないけど。


開店時間になり。
席へと案内されました。

中華料理ラインナップ

一階は調理場とカウンター席。
テーブル席は二階。

お昼の定食

着席してメニューを見せてもらえば。
おいしそうなセット料理がいっぱい。

この店の看板メニュー。

焼鶏が定食になっていましたから。
あたしはそれを頂きます。

「やきとり」ではなく「しょうけい」と読みます。

カウンターの上になんか居ましたね

いわゆる鶏の丸焼き。

そして特別サービス定食。
お昼限定。

特別にサービスしてもらえますから

セットのお料理内容
焼鶏はモチロン。
ここではぜひ食べとけ、のもう一品。
えびのチリソースもセットになってます。

まずやってきたのはサービス定食の前菜。
なんだかよくわかんないけど。

クラゲと鴨はわかるが

中華前菜が三種類。
どれもおいしい。

これは何?

そしてやってきました。
焼鶏定食。

ドスンとオンザディッシュ

半身ぐらいのボリュームかな?
秘伝のスパイスで味付けされているようで。
鶏自体にしっかりしみてます。

評判通りの焼鶏

あ~これはいいわぁ。

ジューシースパイシーな鶏肉。
ご飯が進むが~。

ランチでガッツリお米

胸の部分は脂が少ないよね。
だから、あんまりあたしは好みではないんですが。
おいしい味付けで、パサパサ感はありません。

たくさん焼鶏食べられます

丸ごと焼かれた鶏をカットしての提供ですから。
骨が気になるところですが。

手羽先もありました

小さめだったらバリバリ噛み砕いて食べちゃいました。

エビチリと春巻き

サービス定食のチリソース。
これまたおいしいねぇ。
大ぶりのエビがプリップリ。

でかいエビ

辛くなく、甘すぎず。
えび自体もちやんと味わえる。

焼鶏も少し乗っています

セットメニューの一品なので。
エビが少ないのがちょっとアレだから。

デザートは杏仁豆腐

単品で追加してもよいくらいのおいしさでした。

☆ ←#01 たこ焼きくくるの休憩は多賀サービスエリアでに戻る
☆ #03 食べ歩きしたい神戸南京町で老祥記の豚饅頭に続く→




0 件のコメント :

コメントを投稿