2015年5月8日金曜日

#04 臼杵磨崖仏は想像を越えていた:九州 大分・熊本の旅



1、臼杵石仏へ行く
2、臼杵磨崖仏
3、臼杵石仏公園



臼杵インター前のジョイフルで。
お手軽な朝食を済ませまして。

最初の目的地。
臼杵石仏へと向かいます。

インターを出た信号。
これを左折して三キロぐらいで到着です。

無料の駐車場がありますので。
そこに停めます。

広めの無料駐車場がありがたい

駐車場の一番先に。
チケット売り場があります。

入場券売り場横はおみやげ屋さんも

買います。

美術館とか、臼杵の街の古い家とか。
それらがセットになった、お得なセット券もあります。


チケット売り場の先に、磨崖仏への入り口があります。

入り口手前でチケットの確認。

杖が要るほどではないけどよければどうぞ

ホントはそんなに期待してなかったんです。

写真で見たことはあったんですが。
見たとこそんなに大きく感じられなかったし。

写真に写ってるのが全てで。
ちょっとあるだけだろうと。
たかをくくってたんです。

どうもすみません。

これには恐れ入りましたね。

ホキとは崖の意味らしい

岩の壁面に。
大きな仏像。

大きな石仏

小さいのもありますけどね。

小さめの石仏群

横に並んでいる姿が素晴らしいねぇ。

この並びが好きだね

しかも、一か所だけにちょこっとあるのではなく。
石仏群が四か所もありました。

京都や奈良の。
木像や、塑像の仏像とは違い。

荒々しさに圧倒されます。

圧倒されているみみさん

それにね。
京都奈良とかと同じ仏教の、仏像のはずなんだけど。
なんとなく違う宗教の神像のようにも感じましねぇ。

なんか異国情緒なお姿

この仏像群。

きっと以前は雨ざらしだったんでしょうが。
でも、保護のための屋根が作られていました。

屋根の奥に磨崖仏があります

過去の写真も飾られていて。
首が落ちちゃってたりもしてたようですが。

大きな顔は落ちちゃってたらしい

今はきちんと、胴と首はつなげられています。

見に来てよかった

地元の人に大切にされているなぁと感じました。


モチロン磨崖仏がこの臼杵石仏のメインですが。

この辺一帯は、臼杵石仏公園として整備されています。

公園になってます

花が植えられていたりして。
結構きれいな公園ですけど。

あんまり人がいなくて。
静かでよいね。

公園側から磨崖仏の屋根が見える

ゴールでウィークの初日だでなぁ。
これからかな?

公園には、満月寺がありまして。
参拝してきました。

満月寺

仁王像もありますが。
これも石造り。

阿吽の二体あります

さらに境内には。
真名長者夫婦像蓮城法師像もあります。

左が蓮城法師右の二人が真名長者

真名長者夫婦は石仏を作らせた人。
蓮城法師は石仏を彫った人らしい。

磨崖仏風の石像でした。

法篋印塔

臼杵の石仏。
けっこう感動しましたけど。

大分でおすすめの観光スポット

ゆっくり見て回ってもそんなに時間がかかることなく。

軽く行けて、大きな見ごたえを期待するなら。
おすすめのスポットですね。

☆ ←#03 ご当地ファミレスジョイフルで朝食に戻る
☆ #05 別府温泉血の池地獄・龍巻地獄に続く→

☆ みみさん、九州 大分・熊本に行く旅行記:目次 ☆





0 件のコメント :

コメントを投稿