2013年5月13日月曜日

八重山・沖縄旅行記 #13 離島めぐり ホテルからの出発編





1、八重山離島めぐりはどのコースにする
2、ホテルでピックアップされてから乗船するまで
3、離島めぐりツアーのシステム


この八重山への旅の、出発直前まで悩みました

4島にしようか、3島にしようか。
ネットで調べた離島めぐり。

4島は、西表島、由布島、小浜島、竹富島。
3島は、西表島、由布島、竹富島。

いろんな島を見てみたい。
っていうなら4だよね。
たっぷり9時間のコース。

3島だと、竹富島で水牛車に乗ることができます。
8時間のコース。
それでも一日たっぷり遊べる

料金は、4の方が1300円高いだけ。
それは悩む要素ではない。

悩んだねぇ。
そう何度も八重山までやってこられないからねぇ。

4にしましたけどね。
決め手は。
これといって無し。
もう悩んでも決められないから、多い方でいいやって。


ホテルには7時40分のお迎えです。

バスの横腹

泊まるホテルによっては、ピックアップ時間は前後するかと思います。
あたしたちが乗り込む前に、すでに何人か乗ってました。
そして、あたしたちのホテルがピックアップの最後のようでしたね。

港に到着

港に到着したら、スタッフの人に案内されました。
予約してありますからね。
ネットで決済も済ませてあるし。
船に連れて行かれるのかな?


そしたら、普通のターミナルの中の乗船券売り場。
そこでチケットを受け取ります。

石垣港離島ターミナル
チケット?

ツアーだから、ホテルに迎えに来てもらって、島を観光して、帰りに送ってもらえるんじゃないの?
添乗員さんとかついてくれて。

どうやらそうではないみたいです。
船会社が、自社で出している定期航路の時間に合わせて島内観光ができるように、地上部分の観光スケジュールが組まれています。
つまり、

1、定められた時間の定期船に自分で勝手に乗ります
2、到着した島では自分が選んだコースのバスが待っているから自分で勝手に乗ります
3、バスで島の観光後、そのバスが次の船の時間に間に合うように港まで送ってくれます
4、定められた時間の、次の島行きの定期船に自分で勝手に乗ります
5、以下2~5の繰り返し

船やバスに乗り遅れるとコンプリートできないってことね。
船は何便か出ていますので、最終をのがしたのでなければ石垣には帰ることができると思いますけど。
満員で無ければね。

乗り継ぎの余裕はとってありますから、そんなこたぁまず無いだろうけど。

島で乗るバスも、コース番号がわかりやすく表示されてるし案内のスタッフもいます。
間違えて乗ったり、乗り場がわからないということはないでしょう。

船会社のキャラ

ちなみにあたしたちのコースはR-1。
三人で行きますけど、R-1。

このシステム、良いですねぇ。
旅行客にとっては、離島に渡る観光プランを思いついて、船で離島に渡ることは自分で簡単にできるでしょう。
でも、島内の観光手配が困難です。

西表にはタクシーの数が少ないそうです。
レンタカーもそんなに台数は無いでしょう。
レンタカーは配車の手続きの時間ももったいない。
路線バスもありますが、観光時間をバスの運行時間に合わせなくてはいけませんね。

でっかい西表島でこうですから、小さい島だともっと条件が厳しくなりそうです。

それが、この商品によって、観光客の離島めぐりのハードルがとても低くなってます。
また、船会社にとっても、離島民の足としての航路だけでなく観光客を乗船させることで収益アップにも役立っているのでしょう。

知らないけど。


八重山・沖縄旅行記 #12 石垣島ホテル日航八重山の朝食編
八重山・沖縄旅行記 #14 離島めぐり ヤマネコの西表島上陸編に続く

みみさん八重山・沖縄に行く旅行記:目次

http://www.youtube.com/user/mimi33333333

0 件のコメント :

コメントを投稿