2018年6月16日土曜日

#15 玄界灘の海の幸とイカを目当てに一刻堂で:九州麺の一人旅



1、予約なしでも座れたのか
2、イカと鯖で選んだ
3、注文は冷たいものばかりだったけど


福岡の夕食。
あらかじめ目星は付けておりまして。

一刻堂。

まだ明るいうちに到着

ラーメン屋さんではない。
今夜も海鮮の飲み屋さんです。

ふくや渡辺通り店で明太子を買ってから。
歩いて向かいました。

18時からの営業ってネットには書いてありましたけど。
ちょっと早めの到着の時にはすでに営業していまして。

おいしい料理を吟味

予約していないんだけどいい?と聞けば。

カウンターで19時までならオッケーですって。

昨日も同じこと聞いた気がするけど。
座らせてもらってありがたい。

ただ 昨日よりは時間に余裕がないねぇ。


そんなわけですので。
着席したらすぐ注文。

短期決戦なので慎重に選択

飲み物はモチロン、生ビールを注文。
そしてお料理も同時にオーダー。
既に決まっています。

ヤリイカの生き造り。

呼子のイカを生け簀で生かしたまま泳がせてる。
このイカが食べたくてこの店を選んだんです。

おお~泳いでいる

さらにお刺身も注文。
今夜は盛り合わせでなくて。
の刺身を注文。

名古屋じゃサバを生で食べさせてくれるところはまずなくて。
この刺身のサバが食べたくてこの店を選んだんです。

他に生のサバ料理としてはゴマサバっていうのもありまして。
鯖の種類かしらん、と思ったら。
福岡の郷土料理らしい。

サバの刺身をタレとゴマで味付けたものらしい。
大分で食べたリュウキュウみたいなもんかしらん?

しょうゆで食べたくて普通のサバ刺身を注文したけど。
ゴマサバにしとけばよかったかなぁ。

郷土料理がイイよね

すぐにお通しとビールがやってきました。

まずはこれでしのぐ

今日は朝からタップリ歩いたからねぇ。
祐徳稲荷は奥の院まで登山。
大宰府は駐車場の最も遠い端から参拝。
博多駅から アコードホテル まで歩いて。
ふくやの明太子探しにさまよった。

そりゃビールはうまいわさぁ。

お通しは三種盛。
ジャガイモとスナップエンドクと、赤貝の酢味噌。

あかがい~ぃ?

それはいらんわぁ。
だけど予約してないのに入れてくれたんですから。
残すのはアレなので。

貝から食べる

一気にお口に放り込めば。
あれっ?貝の味しないねぇ。
ちょっとふにゃっとした食感は貝そのものだけど。

貝独特の鼻に抜けるものが無くて。

むしろおいしいわぁ。

赤貝ってそういうものなの?
それともこの店の調理がイイの?

やってきましたヤリイカ。
一人だったので小ぶりのをえらんでくれまして。

これが食べたかった~

時間が限られていますし、新鮮なうちに食べたいし。
ちょうどいい感じのサイズでしたね。

透き通るイカの身

さばきたてのイカ。
うめ~。

コリッとした食惑。
噛めばじゅわっとイカのうまみが絞り出されます。

刺身のサバはめったに食べられない

さらにサバも。
アツサリしているような見た目ですが。
脂乗ってますねぇ。

サバ刺しうれしい

生臭さは一切なし。

刺身のサバうめ~。

鯖いいわぁ

せっかくなので、郷土料理をもう一品くらい欲しいよね。
ちょっとお財布とも相談しまして。
えらんだのは。

おきゅうと。

なにそれ?

Oh!Cute!

これがおきゅうとだ

なんでも、海藻の郷土料理らしい。
見た目はノレソレのようだ。

しょうゆをかけて食べてねって言われましたが。
刺身みたいに醤油をつけて食べてみました。

ところてんみたいな食感。
ところてんも海藻だしな。

味はあまり主張してこないね。

しばらく料理とお酒を堪能してたら。
生き造りイカのゲソとエンベラを料理しますと。

唐揚げにしてもらうことにしました。
だってゲソ揚げ好きなんだもん。

他の調理方法は。
天ぷら焼きが選べます。

お願いしてからふと気づいたんですが。
注文した料理、全部冷たいものだったねぇ。

唯一のホット料理

だから唐揚げはとてもおいしくいただけました。

お皿に残ったイカ。
透明だったのかだんだん白っぽくなってきまして。

味はまだ落ちてはいませんが。
そろそろ潮時ってことかなと。

お会計してもらいました。

みみさんが麺と海鮮を食べに一人で九州に行った旅行記:目次

☆ ←#14 福岡は静かでアクセス便利なアコードホテルに戻る
☆ #16 福岡の夜は牧商店の豚骨ラーメンで締めたに続く→




0 件のコメント :

コメントを投稿