2014年8月17日日曜日

井筒亀/足助:古い町並の老舗和食屋で鮎と鰻:グルメレポート






1、なのに昼食を食べる
2、和食どころ
3、川の幸をいただく



奥三河食彩フェスタしたら。



さんざん食い倒して。
もう食べられないくらいだっちゅうのに。

お昼の時間になると、お昼ご飯はどうしよう?
っていう話になったんです。

ここからだと。
飯田方面に行けば、自然薯。


あるいは、おそば。


恵那方面に行けば。
やなアユ。


でも、飯田方面に行くと帰りが遠くなる。

やなアユは、やっぱりちょっと暑い。

ということで。
かなりここから、名古屋方面に行くことになりますが。
足助で食べましょうか。

香嵐渓の紅葉が有名ですよね。

そういうことになった。


足助の古い町並みにある和食屋さん。

お店の外観

井筒亀。
いづかめ、と読む。

季節の山の幸をいただけます。

季節のメニュー

冬は、猪鍋。
今はやっぱりアユ。

鮎料理

駐車場は店の前に。

駐車場

この駐車場の壁には、猪の皮。

猪の皮

干してあるのか、飾ってあるのかよくわからんけど。

雨が降ってたのに

中馬のお雛さんの時とか。
この店の前の通りはにぎわいますが。


特にイベントをやってない今は、静かです。




食彩フェスタで、アユがおいしかった。
もう一匹食べようか。
なんて言ってたもんですから。


あたしは、アユにしたんです。
アユ定食。

塩焼き

でも他のみんなは、ウナギだと~。

ちょっと小ぶりのアユの塩焼きが二匹。
フライが一枚。

鮎のフライ

そうめんとお吸い物も付きます。

そうめん

天然アユだそうで。
有名釣り師が釣りました、って紙が。

紙でアピール

フライは、結構大きめ。
アジフライのようですが。

フライ

ちゃんとアユですよ。

タルタルソースでいただきました。

追加料金で、ご飯を白飯からアユ飯に変えられますけど。

今日はそんなに食べなくていいかなぁと。
白飯にしときました。

うな丼

鰻もちょっともらいまして。
かば焼き

そうめんもうまい

鰻にはやっぱり白飯だよね。
アユ飯にしなくてよかったね。








0 件のコメント :

コメントを投稿