2014年11月6日木曜日

陣屋/長久手:飛騨の高山ラーメンは醤油と麺が違う:グルメレポート





1、醤油のラーメンが食べたい
2、長久手のラーメン
3、これこそ食べたかった味



ラーメン。
何味が好きか?
って訊かれるのは困るよね。

だってどの味も好きなんだもん。

味噌ラーメン。
コクのある味噌スープがいい。
野菜と食べるのがおいしいよね。

塩ラーメン。
きれいな透き通ったスープ。
上品な味わい。

豚骨ラーメン。
白濁したスープ。
くせえらーめん。

さらに、ご当地ラーメンなんて言うのもある。

札幌とか。


徳島とか。
富山ブラックなんてのはどうなんだ?


博多長浜は違うのか?

で、どのラーメンもおいしいんだよね。

どれが一番好きかなんて決められない。

だけど、時々ふと食べたくなるラーメンがあります。
醤油ラーメン。

ただ醤油だけの。
普通の醤油色のスープ。

ラーメンというよりも、中華そばというネーミングがぴったりの。

そんなラーメンを食べたくなることはありませんか?

あたしはあります。


長久手の古戦場の信号交差点。
これを、名古屋インター方面に向かうと左側にあります。

中華そばっ!

陣屋さん。

壁面に大きく「そば」とあります。

ここは前、そば屋さんだったんですから。
そのまま消してない。

限定

駐車場は、店舗前に数台あります。

開店時間前に訪問しましたが。
もうすでに、待ちの人がいました。

店内は、カウンターといくつかの座敷席。

あたしはカウンター席に座りました。

主力メニューは飛騨中華そば陣屋そば。

むむむっ!

どう違うのかねぇ。

陣屋のほうは、塩・醤油・豚骨とスープが選べるようだが。

お店の人に尋ねますと。

飛騨中華そばは、いわゆる高山ラーメン。
高山ラーメンの麺で、醤油スープ。

いいねぇ。

高山ラーメンの麺は好きだ。

チキンラーメンみたいな見た目の縮れ麺。
だけど、ちゃんと程よいコシがある。


で、陣屋のほうは。
ストレート細麺だそうです。

高山ラーメンなんてぇのは、この日の口にピッタリですから。

飛騨中華そばをいただくことにしました。

そして、限定の鶏そばも一つ。

サイドオーダー

そして、サイドオーダー。
夕食の予定が餃子なので、
餃子は禁止。

なので、陣屋豆腐をいただきました。

何それ?


飛騨中華そばがやってきます。

黒いねぇ

これだね。

黒い醤油スープ。
チャーシューはちょっと多め。
太いメンマ。
ねぎは多からず少なからず。

王道。

高山ラーメン、独特の麺。

この麺が好き

いただきます。

うれしいみみさん

う~まい。
この日体が欲していた味にピッタリ。

見た目は濃そうだけど。
けして塩辛すぎず。
出汁がよく聞いたスープ。

それを縮れ麺がたっぷり連れてきます。

うまい~。
好きだ~。

香ばしいチャーシュー

具のチャーシュー。
ちょっと多めに入っています。

これも醤油でしっかり煮込んだのかなぁ?
しっかりした味付けでした。

太いメンマ

メンマも、このスープによく合う味。

陣屋豆腐。

陣屋豆腐

これはね。
油揚げですわ。
豆腐でなくて。

厚い揚げ

厚揚げぐらいの厚みがある。
揚げ。

七味醤油で食べます。

そりゃうまいわなぁ。
香ばしい。

あっさりしてそうでしょ

鶏そばは、透き通ったスープです。
あっさり上品な塩味かな?

と思いきや。

これまた出汁が強力。

鶏だろうねぇ。

鶏そば

麺は普通のやや細めの麺。

鶏肉のほかに、干しエビと梅干がなぜか入ってました。

干しエビが入ってます

最初は普通においしい鶏スープでしたが。
最後に飲んだスープで驚いた。

具の鶏肉

エビの香りと梅干の程よい酸味。
それが鳥スープに加わって。

飲み干すスープ

いつまでも飲んでいたい味に変わっていました。








0 件のコメント :

コメントを投稿